ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ライスサラダという新しい扉を開いた!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:uralatokyo:20160818182545j:plain

ライスサラダ。日本ではまだまだマイナーな料理です。

「ご飯は熱々ほかほかでないと!」という声も聞こえてきそうですが、お弁当もおにぎりもお寿司もご飯は温かくありませんよね。

「ドレッシングとご飯の組み合わせに抵抗がある」という方、ドレッシングの材料からサラダ油を引けば、まんま酢飯ですよ!

つまりライスサラダはちらし寿司変形バージョンともいえるのです。

酢に加えて油分もあるので、冷えてもご飯がパサつかず、冷蔵庫での保存も可能です。具のルールもなし、好きなものを好きなだけ。火を使うこともなく、混ぜればできあがり。なのにメジャーじゃないゆえに特別感が出る、それがライスサラダです。

では早速作ってみましょうか。ライスサラダで検索すると山のようにレシピがあり、その内容も千差万別です。今回はあくまでも一例ということで。

材料(2人分) 米(普通の日本の米でOK) 2合
ロースハム薄切り 5枚
きゅうり 1本
ホールコーン お好みの量で
枝豆 お好みの量で
プチトマト 5個
ツナ 1缶
青しそ 5~10枚
みょうが お好みの量で 入れなくてもOK

【ドレッシング】 酢 大さじ4
サラダ油 大さじ1.5
砂糖 大さじ1
塩 小さじ1

f:id:uralatokyo:20160818182601j:plain

材料を撮影し、いざ作り始めてから、飼っている猫がツナに反応した騒いだために、ツナを棚の上に置いていたことを思い出しました……。

今回使用したすべての材料が写っている写真はこちらです。混ぜ始めてしまったご飯、減ってしまった食材、もろもろお許しください。

f:id:uralatokyo:20160818182621j:plain

この具も、あくまでも一例です。きゅうりをズッキーニにしてもいいし、おくらを入れるのもよさそうです。豆も枝豆以外だってもちろんOK、オリーブを入れても味にアクセントがつきます。かまぼこも食感に変化が出ておもしろそうですよね。みょうがだってシーズンでなければ入れなくてかまいません。

あくまでも好みを優先し、ちょっとだけ彩りを考えれば問題なしです。自分だけのレシピを作ってください。

きゅうりは軽く塩もみしておきます。面倒だったらやらなくてもいいです。

ハムときゅうりは5ミリ角でコーンと同じようなサイズに。

みょうがは薄切り、プチトマトは1/8サイズに。普通サイズのトマトは水分が出てしまうので、ここはプチトマトがおすすめです。

米は普通の水加減で炊きます。炊き上がったらドレッシングを混ぜます。

f:id:uralatokyo:20160818182703j:plain

そしてご飯が冷めたら具を混ぜていきます。トマトを潰さないように気をつけて。

f:id:uralatokyo:20160818182720j:plain

器に盛りつけて……、

f:id:uralatokyo:20160818182545j:plain

最後に千切りにした青じそを乗せればできあがり! もうできた!

f:id:uralatokyo:20160818182749j:plain

ちらし寿司の変形バージョンだけに、余ったら太巻きにしてしまうのもありです。

サラダ油をオリーブオイル、酢をワインビネガーにすると、洋風っぽい味わいになり、それもとってもおいしいです。さらに具をシーフード系でまとめれば白ワインが合いそうですよね。今回のレシピだったら、ビール、焼酎、日本酒、なんでもありです。なんてったってちらし寿司変形バージョンですから。

野菜をたくさん入れれば栄養バランスもよく、ささみを加えれば食べ応えのある1品に。

ルールがない分バリエーションが豊富で、実に自由な楽しみ方ができるのが、ライスサラダのいいところです。しかもご飯を炊く時間を除けば、調理時間は15分程度。めちゃくちゃ簡単でお手軽! 料理初心者にも強く激しくおすすめしたいメニューです。ライスサラダという新しい食の世界をぜひご体験ください!

書いた人:椿あきら

椿あきら

猫の下僕をしているライターです。猫と暮らすようになってから、断然家飲み派になりました。著書に『オリンピックと自衛隊 1964-2020』(並木書房)。 Twitter:@nananatsubaki

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

【食と恋愛】彼氏彼女の食事【辛酸なめ子】
エスニックのB級グルメNO.1? パクチーボーイ エダジュンの「なんちゃってトムヤムラーメン」
【ローストチキン自作レシピ】クリスマスの主役を簡単&良コスパで仕上げてみた【肉汁ジュワ~】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。