ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

育児も家族も仕事も全部大事。苦労は多いけど、今できることをがんばるしかない!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20160930201214j:plain

33歳、初めての出産は思った以上に大変で、産後の母体の回復も時間のかかるものでした。

私は看護師として総合病院で12年働き、産前産後休暇と育児休暇を合わせて1年4ヶ月の休暇をいただきました。その間、自宅で子供と毎日二人で過ごしていると、世間から遅れをとっている気持ちになり早く復職したいと思うようになっていました。

本年4月から産休前に在籍していた病棟で、日勤・深夜勤・準夜勤の3交代勤務での復職をすることになりました。4年働いた病棟であり、すぐに慣れて両立もできるだろうと私は甘く考えていました。しかし、現実はそう甘くはありませんでした。

まず、自分の体が産休前とは違い、体力的にも劣っており疲れやすく、免疫力も落ちているためすぐに病院で流行している病気に感染したり、原因不明の熱発をしたりしました。

次に、子供も保育園に預けるようになってから、様々な病気に感染し、病院通いが始まりました。1ヶ月に何度も発熱し、治ったと思ったら次の病気をもらう・・・その繰り返しでした。その都度、仕事を休み自宅で子供をみたり、遠方に住む両親に預けたりしていたため、フルタイム勤務をこなすことが満足にできず、日々周りに迷惑をかけながら仕事をせざるを得ない状況でした。

同時に、環境が変わった子供はストレスを抱えているためか、夜泣きもひどくなってきました。睡眠も思うようにとれず、毎日フラフラしながら仕事に行く日々が続きました。

最後に、平和だった家庭生活も影を帯びてきました。産休・育休中は子供をみながら全て家事はこなすことができていましたが、仕事から帰って家事を十分にこなす時間もなく、家族へ協力をお願いするしか方法がありませんでした。主人はもちろん、義母や実母にもです。なかなか器用にできない私に主人はイラついていたのだと思います。少しのことで言い争いになり、出産前は喧嘩という喧嘩をしたことがなかった私達も喧嘩が絶えない日々が続きました。 関連記事:仕事も育児も完璧に!と張りつめていた心。思いがけず認めてもらえた言葉に涙が…

帰っても精神的に安堵できる空間が無いのは本当に辛いことだと実感しました。

復職して半年が過ぎようとしており、少しずつ今の生活に慣れ、時間の使い方も上手になってきていますが、これらの苦労はまだまだ継続するものと思います。子育てしながらのフルタイム勤務は家族の協力なしでは絶対にできないし、子供と一緒にゆっくり過ごせる時間も少なくなります。

しかし私は、育児も家族も仕事も全部とっても大事です。

育児をするからと言って自分の大切にしてきた仕事や家族を犠牲にしたくないのです。今後も子供や自分自身の立場に沿って様々な悩みが出てくると思いますが、とにかく今できることをがんばって日々かわいい我が子とともに成長していきたいと思います。 関連記事:1歳で保育園に預けて働きに出ることの葛藤。日々成長している息子に励まされます

f:id:akasuguope04:20160912141053j:plain

著者:チョコミンツ

年齢:35歳

子どもの年齢:1歳7ヶ月

33歳で初の出産。看護師をしながら育児をしているワーママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

0歳8ヶ月での復職、職場にも息子にも申し訳なくて…。迷いを払ってくれた先輩の言葉
女の敵は女自身…
子どもと私で風邪のリレー。病院通いのある日、診療後に「頑張ったね」と声をかけると…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。