ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

Thai? 鯛? 鯛でタイ風! 本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「Thai? 鯛のカルパッチョ」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

f:id:sakanaya-sandaime:20161216140313j:plain

魚屋からのクリスマスプレゼント! です

本日は12月24日の土曜日! 私の担当日!! そしてクリスマスイブときた!!!

夜の街にはイルミネーションが輝き、クリスマスソングが流れている……。今年のイブは土曜日、明日は休日でみなさん足元、地面から5㎝くらい浮いちゃっていません? 恋人たちは愛を語らい、私は塩辛をアテに芋ロックを飲む。うん、住む世界が違う。でもね! 私だってクリスマスを意識して料理を作れるんですよ。それが今回紹介するレシピ!! クリスマスVer.のカルパッチョです!

魚屋三代目の「Thai? 鯛のカルパッチョ」

【材料】(2人分)

鯛(タイ)のお刺身用 1サク(または鯛の薄切りにしたお刺身)10~12枚 パクチー(香菜) 適量 ライム 適量 きゅうり 1/3本 細かく角切り(ダイス切り) たまねぎ 1/4個 みじん切り ミニトマト 4個 種を取って細かく角切り 青唐辛子(種ぬき)のみじん切り お好みで 酢 大さじ1 ナンプラー 小さじ1/2~1 ハチミツ 小さじ1/2 ペッパーミックス(ホール) ピンク・ホワイト・グリーン 適量(粗びき黒こしょうでもOK) (A) ナンプラー 1大さじ ライムまたはレモンの搾り汁 小さじ1 エキストラバージンオリーブオイル 大さじ1

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20161216140542j:plain

1. 大きさを揃え細かなダイス切りにしたトマト、きゅうり、たまねぎをボウルに入れ、酢とナンプラー、ハチミツを混ぜたものを加えてよくかき混ぜ、冷蔵庫に入れて味をなじませます。鯛の刺身用サクを薄くそぎ切りにします。鯛は背節(背中側)の身の方が形が揃いやすく、切りやすいと思います。

f:id:sakanaya-sandaime:20161216140545j:plain

2. (A)をよく混ぜ合わせておきます。しっかりと混ぜ、食べる時にもう一度よく混ぜて乳化させます。

3. お皿に1で混ぜたダイス切り野菜と鯛のそぎ切りを盛り付け、食べやすい大きさに切ったパクチーとライムを添え、ペッパーミックスを散らします。食べる時に2のソースをかけます。

盛り付けるお皿は冷蔵庫でキンキンに冷やしておいてね!

f:id:sakanaya-sandaime:20161216140748j:plain f:id:sakanaya-sandaime:20161216140549j:plain

せっかくなのでクリスマスカラーで料理を作ってみました。野菜の赤・緑・白、そしてピンク・グリーン・ホワイトペッパー!(もちろんふつうの粗びき黒こしょうでもOKです!) 黒いお皿はクリスマスの夜をイメージ、鯛のお刺身も映えて、パクチーとライムの緑も鮮やかに。タイ風なカルパッチョとスプマンテのマリアージュ……。ダイス野菜と青唐辛子を写真のように鯛で包んでパクっ! がおすすめの食べ方です。みなさん、すてきなクリスマスを!

作った人:魚屋三代目

魚屋三代目

本名・柳田昇(やなぎたのぼる)。神奈川県厚木市で50年以上続く鮮魚店の三代目。父と魚屋を営むかたわら、旬の魚介の簡単な料理や捌き方をブログ『魚屋三代目日記』にて紹介しています。レシピ本などの書籍やテレビなど幅広く活動。 ブログ:魚屋三代目日記 ウェブサイト:鮮魚 魚武 レシピブログ:魚屋三代目さんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

レシピブログ

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。 ウェブサイト:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

関連記事リンク(外部サイト)

ご飯にも、酒の肴にも! 本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「サーモンの照りマヨオーブン焼き」
こってり濃厚なはずの横浜家系ラーメン店なのに「淡麗醤油ラーメン」がまさかのあっさり系で絶品だった
安定のガーリックバター醤油! 本日も(本当に)営業中、魚屋三代目の「かじきのガリバタ醤油ステーキ」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。