体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『KILLING TECHNOLOGY』 BUSY P(Pedro Winter), Melchior Tersen, and Nicolas Poillot Interview

killingtechnology1

Justiceを擁するEd Banger RecordsのオーナーであるBUSY P。彼が立ち上げたHead Banger Publishから、フォトグラファーMelchior Tersenによるアートブック『KILLING TECHNOLOGY』がリリースされた。メタルのパッチ、そしてそれらをコラージュしたハンドメイドのジャケットを纏った若者たちなどをMelchiorが独特の視点と熱量で切り取り、Etudes StudioのNiclolas Poillotがスタイリッシュにまとめあげた、メタルファンならずとも唸らせられる実にクールな1冊だ。サイイングのためにBonjour Records THE PARK・KING GINZAを訪れた3人に、Ed Banger Recordsのレコードを愛してやまないDJ/トラックメイカーのLisa Chrisがインタビューを試みた。

——とても仲が良さそうですが、みなさん一緒に出かけたりはするんですか?

BUSY P「まあね。僕はガールフレンドがいるから、彼女といる時は彼らから離れてるけど(笑)、Melchiorは写真撮影で忙しいし、僕はずっと旅をしている。皆忙しいんだよ。NicolasもEtudes Studioのパブリッシング、ヴィジュアルの仕事で忙しいしね。Etudes Studio、知ってる? パリのファッションブランドで、僕も大好きなんだよね。あのブランドのヴィジュアルとコンセプトが好きなんだ。だから、Nicolasをアート・ディレクターに選んだ。今回の本をプロデュースをする時にアイデアがありすぎたんだけど、彼が全てを上手く消化させて、本に落とし込んでくれたんだ」
Nicolas「そう、僕がオーガナイズしたんだよ」

——パリの若い人たちは、皆この本に出てくるようなスタイルの服を着ているんですか?
Nicolas「いや、メタルのフェスなんかでは皆こういう格好をしているけど、ストリートでは違うね」

ーーDo you guys hang out?

B: Yeah but I have a girlfriend. So I stay away when I want to be with my girlfriend. Haha. But Melchoir is doing a lot of photography and I’m traveling a lot. So we all are busy. Nicolas is doing all the publishing, and visuals for Etudes Studio.

ーーReally.

B: Yeah. Do you know Etude Studio? It’s like a fashion brand in Paris. I like the brand. I like the visual and the concept. So when we produced the book, I needed a art director because I had too many ideas. But Nicolas took all of them and digested to the book.

N: I organized.

B: Yeah. (showing the book)

ーーDo many kids in Paris wearing these kind of style?

N: No. At festivals or something like that, yes. But not on the street.

killingtechnology2 killingtechnology_m

——そうなんですね。あなた達にとってこの本の魅力とは?

BUSY P「この本の魅力か……この本のタイトルは『KILLING TECHNOLOGY』っていうんだけど、この名前が気に入ってる。Voivodっていうバンドのソング・タイトルからつけているんだけど、このタイトルには、自分たちが今の時代になっても”ホンモノ”をプロデュースしている、という意味を込めている。今の時代、音楽は使い捨て、本やマガジンも使い捨てみたいな生産のされ方をしている。だから僕の出版社では、僕が音楽でやっているのと同じように、新しいアーティストたちをフォローして、彼らに何か実質的でリアルなプロジェクトをクリエイトする機会や可能性を与えているんだ。特に今回のようなプロジェクトに関しては、すごくビッグなものを作りたかった。この本は500ページ以上あって、すごく重いんだ。辞書とまでは言わないけど、この中に詰まっているものはホンモノでありながら、且つミニマルでもある。文字もないから、世界の全ての人が理解することが出来るし、自分なりの解釈が出来る内容でもあるんだよ。この本を作ったのは、それが目的だったんだ」

Melchior「それに、本って自分たちよりもずっと長く残るものだろ? 僕たちが死んだって、本は生き続けるからね」

BUSY P「そうそう」

Nicolas「地下鉄で5分だけ目を通して、帰ったらそれをテーブルに置いて、一ヶ月後、一年後、また自分が開きたいと思った時に開くことが出来る。そして、開く度に新しいインスピレーションを受けて、新しい情報を得ることが出来るのがこの本なんだ。だから僕は、これでもかってくらい分厚い本って好きなんだよね。エクストリームだし、リスクでもあるけど、それが何か特別なものを作り出すんだ」

ーーWhat do you like about the book?

B: What I like is… The name of the book is ” KILLING TECHNOLOGY”. I like the name. The name is from a song by a band called Voivod. But the name means that we’re still producing the real stuff. Because today, music is disposable, books are disposal, and magazines are disposal, too. So with my publishing company, like what I do with music, I want to follow new artists and give them possibilities to create contrite and real projects. And for this kind of project, we wanted something big. It’s more than 500 pages. Heavy. Like, not a dictionary but there’s not like, it’s real, and still minimal. There’s no text so everybody understands, and can have their own interpretation. That’s why I wanted to make a book.

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。