ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

GACKT、彼女のいない漢達限定のXmasプレミアムイベントを開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

GACKTが12月20日に六本木ニコファーレにて、ニコニコ公式チャンネル「OH!!MY!!GACKT!!」主催イベント『OH!! MY!! GACKT!! presents彼女のいない漢達限定 ライブ&トークXmasプレミアムイベント 』を開催した。
「OH!! MY!! GACKT!! presents彼女のいない漢達限定 ライブ&トークXmasプレミアムイベント イェーイ、オトコだけで『クリ…スマッシュ!』」 (okmusic UP's)
抽選により選ばれた男子約100名が六本木に大集結! ひとりぼっちのクリスマスを迎える“漢(おとこ)”達のためにGACKTがスペシャルな夜を用意した。

開場は夜の8時。フロアーに入るとステージには何もなく、ステージ前近辺に仕切りがあるだけ。イベント会場としては少し“寂しげ”な中、体育座りをしスタートを待つ“漢(おとこ)達”が身体を寄り添いながら今か今かと待ちわびていた。

いよいよ時間は夜の9時となりドラム「ばる(ex.DuelJewel)」が司会として登場!! 会場の“漢(おとこ)達”を「本当に彼女いませんか~」と煽りまくる!!

そして、司会ばるからの紹介でGACKTの登場! ステージ袖からの現れるかと思いきや、なんとフロアーの入り口から登場! 体育座りをしながらドギマギするファンの横を通り抜けステージ前へ。「元気かー」という言葉とともに会はスタートした。

1部特別企画は「聖なる夜に性の悩み相談」。「性」についての悩みメールに対しストレートな表現で答えていく。彼女のいない“漢(おとこ)達”も親身なアドバイスに心打たれているようだ。

1部終盤になり、ここで歌の披露。中島美嘉の「雪の華」を歌い上げる。目の前で歌われる極上のバラードに熱い思いがこみ上げてくる。

MCを挟み続いては「LAST SONG」を熱唱。ニコニコ生放送を見ているファンからも「泣ける」「大好きです!」「ガックン素敵過ぎ」など大量コメントが流れた。2曲のバラードは会場の“漢(おとこ)達”やニコニコ生放送からライヴを見ている人へも最高のプレゼントになったのでは。

時間も大幅に押した中、2部のニコニコ公式チャンネル「OH!! MY!! GACKT!!」がスタート。 この漢(おとこ)だけの空間が楽しいのか「男限定ライブ」の企画を話したり、2日に別けて「女性、男性限定ライヴ」もやりたいと話すと会場もヒートアップ!! ライヴへの期待感が高まった。

2部の特別企画は、客席から挙手で選ばれた“漢”が、自分の懺悔を話しヘルボールを受けるという『彼女のいない男達の懺悔DEHELL BALL』。勇気ある“漢”がステージにあがり、9kgのボールをお腹に落とす“ヘルボール”を受ける姿はこの懺悔から一歩前に進むような印象を受けた。

トークの後に続いたのは絢香のカバー「三日月」。一部に続くカバーはこれまたしっとりとした歌声で観客は魅了された。

“漢”だけ空間の中、自身の数々の経験、数々の失敗から学んだ“出来事”を伝えていくGACKT。一つ一つの言葉がこの客席にいる、ニコニコ生放送を見ている人たちへのプレゼントになっていく。

そしてフィナーレは今の時期にぴったりな「12月のLOVE SONG」をしっとりと歌い上げこの一夜の聖なる夜を閉じた。

なお、ニコニコプレミアム会員は、この放送を2017年1月19日まで視聴できる。

ニコニコ生放送「OH!!MY!!GACKT!! presents 彼女のいない漢達限定 ライブ&トークX’mas      プレミアムイベント
■視聴URL

http://live.nicovideo.jp/watch/lv284228417

※本番組の前半を視聴するにはプレミアム会員の登録が必要となります。

※本番組の後半を視聴するには「OH!! MY!! GACKT!!」ニコニコチャンネルの登録が必要となります。

「OH!! MY!! GACKT!! presents彼女のいない漢達限定 ライブ&トークXmasプレミアムイベント イェーイ、オトコだけで『クリ…スマッシュ!』」 (okmusic UP's)
「OH!! MY!! GACKT!! presents彼女のいない漢達限定 ライブ&トークXmasプレミアムイベント イェーイ、オトコだけで『クリ…スマッシュ!』」 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。