体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

買い物天国・アメ横で「おトク」をGET!年末の買出しや食べ歩きに!【東京】

買い物天国・アメ横で「おトク」をGET!年末の買出しや食べ歩きに!【東京】 アメ横とは

年の瀬が迫ると、通りを埋めつくすほどの人々が集まるアメヤ横丁、通称「アメ横」。約500mの路地に食品や雑貨など、約400店多彩なお店が連なるお買い物天国♪何が魅力なの?どんなモノが売ってるの?と、思っている方も多いはず。

そこで今回は、そんなギモンを解決するべく、編集部が一足早く、賑わうアメ横に潜入しきました!年末の買い出しはもちろん、食べ歩きにお買い物など、歩いているだけでも楽しいアメ横で、掘り出し物を探しに出かけてみませんか?

アメ横とは

JR山手線御徒町ー上野駅間の高架下とその西側の商店街。名前の由来は、戦後、芋アメを売る店が並んでいたからという説と、アメリカ駐留軍の横流し品が多くあったという2つの説が。現在は食品、雑貨など多彩な店が軒を連ねている。

アメ横とは

アメ横歩きのコツ

●其の壱:年末の買い物は午前中の早い時間に。

●其の弐:値切りではなく、オマケ方式がアメ横流。

●其の参:混雑時はスリなどにも注意。

「安いよ!」「食べてって!」呼び込みの声も楽しい。

アメ横とは切りのいい価格も魅力 アメ横とは乾物も種類が多くて目移りしちゃう

通りを歩いて掘り出し物探し

通りを歩けば、左右からシャワーのように呼び込みの声。同じ商品でも値段が違っていたり、珍しい商品は食べ方を教えてくれたり。店の人との会話が楽しめるのも商店街の醍醐味。 アメ横

TEL/03-3832-5053(アメ横商店街連合会)

「アメ横」の詳細はこちら

志村商店

名物・チョコの叩き売り。これだけ入って1000円!

志村商店テンポのいいかけ声に思わず夢中になっちゃう 志村商店スタッフの志村貴久さん。チョコの種類はその日の仕入れで変わる

たたき売りを体験!?

「ハイ、これも、これも、も一つこれもオマケ!」と威勢のいい声とともに袋いっぱいに入ったチョコが1000円。帰って計算したら2600円相当とかなりオトクで行列も納得。 志村商店

TEL/03-3831-2454

住所/台東区上野6-11-3

営業時間/9時~19時

定休日/なし

アクセス/JR上野駅しのばず出口より徒歩3分

「志村商店」の詳細はこちら

魚草

刺身や牡蠣をその場でパクリ♪

魚草牡蠣2個+刺身盛りで1000円!日本酒もすべて500円とお値打ち
1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会