体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

素朴だけど深い味わい今冬話題の『シュトーレン』 人の集まるパーティーにいかが?

素朴だけど深い味わい今冬話題の『シュトーレン』 人の集まるパーティーにいかが?

ドイツの菓子パンであるシュトーレン(シュトレン/Stollen)ってご存知ですか?

ラム酒漬けされたドライフルーツがたっぷり練り込まれて砂糖でコーティングされた菓子パンで、クリスマスまでの約1ヶ月間に少しずつ薄く切って食べていくものだそうです。バターと砂糖でたっぷりとコーティングされているため長期間保存でき、味もどんどん熟成していくのだとか。

【関連:調味料は醤油だけ!飯マズ嫁向けレシピの『チャーシュー』が超絶簡単な神レシピだった】

今年日本では伊勢丹が各販売店で予約できるシュトーレン全ての断面図と丁寧な説明をカタログに載せて話題になり知名度がグンとアップしました。

ここまで紹介しているわけですから食べてみたい!と思う方は多いのではないでしょうか。でも本日(記事掲載日は12月23日)はクリスマスイブ前夜。間に合わねーよ!おせーよ!という声が聞こえてきそうです……が!今からでも間に合う簡単シュトーレンレシピをご紹介したいと思います。

実はこの夏から趣味でドライフルーツのラム酒漬けを行っておりまして、シュトーレンも興味があり何度かチャレンジしています。気分だけでも……という方は今からでもぜひ。

■材料

シュトーレンの材料

<生地>

強力粉:200g
砂糖:55g
塩:5g
卵黄:15g
無塩バター:90g
牛乳:大さじ4

<種>

強力粉:100g
ドライイースト:小さじ2
牛乳:1/2カップ

<内容物>

お好きなドライフルーツ:250g
ラム酒:50cc

くるみ:30g
アーモンド:10g

<仕上げ>

バター:100g
グラニュー糖:適量
粉砂糖:適量

■つくり方

1:ドライフルーツをラム酒漬けにします。漬け時間は約1日。多少短くても風味が移るので大丈夫。もちろん市販品もOK。
ちなみに筆者は、3ヶ月前から漬けておいた干しいちじく、干しぶどう、オレンジピール、アンズを使用しています。

ドライフルーツをラム酒漬けにします

<ここからは翌日の作業>

2:次に種の材料を混ぜ合わせたらラップをかけ、1時間ほど日なたに置いておきましょう。こうすることで少しだけ発酵します。日が照ってない日の場合には温度を低くしたこたつに入れてしまいましょう。これでも発酵が促せます。

種の発酵

3:漬けておいたドライフルーツとくるみ、アーモンドを取り出しざっくり刻みます。残ったラム酒は飲んでしまいましょう。ドライフルーツの風味がついてこれまた美味しいですが、寝る前の紅茶に少し入れるとさらに美味しくいただけます。

漬けておいたドライフルーツ類を刻む

4:生地をつくっていきます。バター、砂糖、塩をボウルに入れて泡立て器で混ぜたら、卵黄と牛乳を加えてしっかりと混ぜ合わせます。そこに種を少しずつ加えてしっかりと混ぜます。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会