体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「誰でもゲームを作れるツールにしたい」 プログラミング不要のゲーム制作ツール『SMILE GAME BUILDER』 開発者インタビュー

image08
 
2016年9月8日(木)に株式会社スマイルブームからリリースされたWindows用RPG制作ソフト「SMILE GAME BUILDER(スマイルゲームビルダー)」。プログラミング不要で3DのRPGが作れることが特徴のツールとなっている。

今回、本ツールのプロダクトマネージャーである杉内賢次氏、プロダクトプランナーの重歳謙治氏にお話を伺った。実は両名ともに、フリーゲームに深く関わってきた経歴を持っている。そこで、お二人の経歴をお聞きしつつ、本ツールのコンセプトや込めた思い、今後のアップデート予定などを語って頂いた。

ゲーム制作に関するスマイルブーム社の取り組み

――まずはじめに、『SMILE GAME BUILDER』の開発元であるスマイルブーム社の取り組みについてお聞きしてもよろしいですか?

杉内賢次氏(以下、杉内氏)
もともと、弊社としては新しい時代のクリエイターのための制作支援ツールを作りたいという思いがありまして、主に「プチコン」シリーズなどを制作・販売しています。

また、ツールを作るだけではなくて、ゲーム開発者会議「CEDEC」にて講演なども行っています。ほかにも子供向けのゲーム制作ワークショックにプチコン3号SMILE BASIC(以下プチコン3号)とニンテンドー3DSを貸し出すことなども行っていますね。

image00
写真はさっぽろ市厚別区民センターにて開催された『オープンラボin厚別』でのプチコン3号 SmileBasicの展示実演の様子
 

杉内氏
プチコンもSMILE GAME BUILDERも、共通して海外からのお問い合わせも多いです。プチコンは現状、北米で販売していますが、最近はヨーロッパの方々から「いつこっちで出るんだ」というありがたい問い合わせも多いです(笑)

杉内氏、重歳氏のフリーゲーム文化への深い関わり

――なるほど、「制作の支援」という部分に注力されているのですね。SMILE GAME BUILDERの開発を担当されている杉内さんと重歳さんの、これまでのお仕事などを教えてもらってもよいですか?

杉内氏
前職の初期からの話になりますが、私はかつてアスキーから発行されていた「ログイン」という雑誌の読者投稿コーナーを担当していました。そこは、ユーザーが作ったゲームプログラムを掲載するコーナーです。パソコン通信の時代も追ってきていて、その関係でフリーソフト文化も黎明期から見てきました。

その後、「RPGツクール」シリーズの担当や、ユーザー投稿型のゲームコンテストも運営してきました。ディレクターの重歳と出会ったのはその時期ですね。2000年頃、彼は私の担当していたコンテストの投稿者のひとりだったのですが、ふとした縁があり一緒に働くことになったんです。

重歳謙治氏(以下、重歳氏)
私は杉内の担当していたコンテストで作品審査を行っていました。いまでも、先日開催された「フリゲ展」など、有志の行うフリーゲームコンテストの審査員などのお話を頂いています。審査とは言いますが、ひとりのプレイヤーとして楽しんでいることに近いですね(笑)

審査というと「ランキングを決める」イメージになりがちですが、個人的にはそれぞれの作品で良さがあると思っています。フリーゲームの面白さって、「作りたいものがむき出しになっている」という作家性にあると感じるんです。担当していたコンテストでは一度、バグで進行不能になる作品に賞をあげたことがあるのですが、作品を遊んだ方から「重大なバグが存在するのに、なぜ受賞させたのか」と怒られたことがありました。でも、それには理由があって、完成度の高さというよりはアイデアや作家性に素晴らしいものを感じたので、選出した次第ですね。

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。