体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

C-HRの登場でがぜん盛り上がる、中古コンパクトSUVに注目せよ!

▲2016年12月14日に発売開始となったトヨタ C-HRが、今後のコンパクトSUV市場を牽引していくのは間違いありません。C-HRの登場で中古コンパクトSUVも盛り上がりそうです!

▲2016年12月14日に発売開始となったトヨタ C-HRが、今後のコンパクトSUV市場を牽引していくのは間違いありません。C-HRの登場で中古コンパクトSUVも盛り上がりそうです!

中古車でもC-HRに負けない魅力的なコンパクトSUVが見つかります!

トヨタ C-HRがついにデビューしました。2010年に登場した日産 ジュークが日本はもちろん欧州でも大ヒット。これに続けと国内外のメーカーが相次いで魅力あるモデルを投入しています。

世界的にコンパクトSUV市場が活況を呈している中で、トヨタは沈黙を守っていました。そんなトヨタが満を持して動いたのが2014年のパリサロン。出展されたコンセプトモデルを見て、世界中が大きな期待を寄せました。

日本のファンに初公開されたのは2015年の東京モーターショー。デビュー間近の新型プリウス、コンパクトFRスポーツコンセプトのS-FRとともにメインステージに展示されたC-HRコンセプトを一目見ようと多くの人がステージ前に陣取ったのを覚えている人もいるでしょう。

▲コンパクトなボディにボリューム感を盛り込んだリアスタイルはSUVならでは。さらにハイブリッドモデルは30.2km/L(JC08モード)という低燃費を実現!

▲コンパクトなボディにボリューム感を盛り込んだリアスタイルはSUVならでは。さらにハイブリッドモデルは30.2km/L(JC08モード)という低燃費を実現!

ニューモデルとなるC-HRはコンセプトカーのデザインをほぼ踏襲する形で登場。発表前から大きな話題となりました。C-HRは、コンパクトSUV市場をさらに盛り上げることは間違いありません!

話題のモデルが登場すると、ライバルモデルの注目も一気に高まります。

「思い切って新車でC-HRを買うか」

「やっぱり予算的に新車は難しいから低走行で状態のいい中古車を探そうか」

「C-HRの新車価格があれば中古車ならもっといいものが買えるんじゃない?」

きっとカーセンサーnetを見ながらいろいろ想像を広げている人も多いでしょう。そこでC-HRに注目している人のために、盛り上がり必至のコンパクトSUVの魅力を探っていきましょう!

魅力その1:デザイン性が高い

C-HRはコンセプトカーからデザイン性の高さに注目が集まりました。コンパクトSUVには他にもデザインが美しいもの、個性的なスタイルをしているものがたくさんあります。

ボリューム感あるボディが特徴のジューク。躍動感あるデザインのCX-3。輸入車に目を向ければ、スポーティな雰囲気を高めたBMW X1や高級感を際立たせたメルセデス・ベンツ GLAなど、個性の豊富さは大型SUVをしのぐと言っても過言ではありません。

▲コンパクトSUVブームの火付け役となったジュークは、上下2段のフロントライトとボリューム感あるボディが特徴。インテリアのセンターコンソールはオートバイの燃料タンクをイメージしたデザインに

▲コンパクトSUVブームの火付け役となったジュークは、上下2段のフロントライトとボリューム感あるボディが特徴。インテリアのセンターコンソールはオートバイの燃料タンクをイメージしたデザインに

魅力その2:取り回しがしやすい

クロカン的なたくましさとセダンやクーペなどの美しさを融合させたSUVは、車高(ヒップポイント)が高く、渋滞などでも遠くまで見渡せるため運転がしやすいという人が多くいます。一方で車体が大きいため、街中や駐車場などでの取り回しに苦労することも。そんな車体の大きさに不安を感じている人にこそオススメしたいのがコンパクトSUV。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会