ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

心も体もホットになりたいときこそラーメンを! 裏メニュー「炙り替え玉」とは!?【博多】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lb:20160817142814j:plain

いやはや、寒いですね~。

ついこの間まで「暑い! 暑い!!」って言ってませんでしたっけ!?

季節は変わっていくんですね(遠い目……)。

ちょっと寒さに弱い、メシ通レポーターのマツータケシです。

「寒い! 寒い!! 」と家に閉じこもっているのもなんなので、

心も体も芯から温めてくれるものを考えてみました。

ふむふむ、

温かい食べ物……。あれ!? いつの間にか「食べ物」になってる。

食いしん坊だからです。ええ、間違いなく食いしん坊です!

福岡で温かい食べ物といえば、やっぱりラーメン。

そうと決まったら、ラーメン店へダッシュするぞー!

ん、なになに!?

福岡のラーメンはとんこつが基本だけど、今日は気分を変えたいとな。

ん~、それじゃ、

魚介系ラーメンならどうでしょう。

後味すっきり、胃袋に染み渡るウマさ!

ということで「ラーメン海鳴」にGO GO GO!

このお店は、とんこつラーメンの聖地・福岡において

今、もっとも勢いがあるといっても過言ではない超人気店なんです。

「ザ・とんこつラーメン」ではなく、

いい意味での変化球を求める方にオススメのお店です。

f:id:mesitsu_lb:20160817142903j:plain

やってまいりましたのは春吉・清川エリア。

天神から西鉄バスを利用して10分ほどとアクセスは良く、

数々の人気グルメ店が軒を連ねています。

お店があるのは「住吉通り」から「柳橋」の交差点を右折した先。

知るひとぞ知る的な佇まいで営業しているので、少し見つけにくいかもです。

f:id:mesitsu_lb:20160817142927j:plain

こちらが、入口。

f:id:mesitsu_lb:20160817142945j:plain

オレンジ色の看板が目印です。

良く見ると豚がサーフィンしていて、かわいらしいです。

豚骨スープと魚介ダシのバランスがグッドすぎる!

f:id:mesitsu_lb:20160817143008j:plain

店名に「海鳴」とあるように、看板メニューは「魚介とんこつ (720円)」。

魚介だしのいい香りに誘われたお客さんが、次々にお店に吸い込まれていきます。

10席しかない店内は、お昼時はもちろん深夜もお客さんで賑わっています。

さすが人気店! 行列は日常茶飯事なんだそうです。

それでは、まず一杯目。

お店の代名詞的メニュー「魚介とんこつ」を注文しましょう。

f:id:mesitsu_lb:20160817143034j:plain

魚介系スープには、本枯節やカタクチイワシなど9種の節を用いているのだとか。

節は、頭とハラワタを丁寧に取り除いて、臭みやエグミを除去。

そうすることで、うま味だけを抽出できるのだそうです。

「常にマイナーチェンジしているので、今のスープは一年後には変化していると思います」と、貧欲に味を追求し続ける“ラーメン魂”が人気のヒミツなんでしょうね。

f:id:mesitsu_lb:20160817143052j:plain

豚骨60kgを20時間以上強火で炊いて、豚のうま味を凝縮させたとんこつスープ。

「二日目のカレーと同じですよ」と、

一定期間寝かせることで、うま味がググンとUPするんだそうですよ。

f:id:mesitsu_lb:20160817143114j:plain

塩味がベースのチャーシューは、トッピングする直前に軽く炙ります。

香ばしい香りがたまりません。

f:id:mesitsu_lb:20160817143149j:plain

麺は自家製。そいつを豪快に湯切りして……、

(ちなみに、博多では「かた麺」オーダーがスタンダードですよ)。

f:id:mesitsu_lb:20160817143213j:plain

青ネギ、白ネギ、玉ねぎのみじん切りをトッピングしたら完成です!

f:id:mesitsu_lb:20160817143234j:plain

いや~たまらん。

見るからにウマそう!

ではでは、まずはご自慢のWスープ(魚介&とんこつ)からいただきます。

(……ズズズ)

おぉ、魚介の風味の後に、とんこつのうま味が追いかけてきます。

魚介×とんこつのバランスも絶の妙(絶妙! )

濃厚でコクがあるスープなのに、後味はクリア。

臭みやエグミがないから、まったくクドくない。

ウンウン、なるほど、こりゃあウマい!!

f:id:mesitsu_lb:20160817143302j:plain

続きまして、麺をズズっといきましょう。

ややっ、中太麺に寄せた細麺のモチモチ食感が◎

そして、ビックリするくらいスープが麺に絡んできます。

さらに、白ネギのシャキッとした歯ごたえ。

おやっ? タマネギもトッピングされていますね。

よしよし、もう一口。

(……ズズズ)

風味、うま味、喉越し、食感のいいハーモニー。

嗚呼、幸せの一杯です!

裏メニュー登場! 博多でも珍しい“炙り替え玉”

かなりおいしかったので、あっという間に麺を食べ終えてしまいました。

が、ここで帰ったら、博多っ子の名がすたるってもんです。

博多ラーメンといえば、替え玉。

ただし、こちらの替え玉はそんじょそこらの替え玉とはひと味違う!

その名も、炙り替え玉 (100円)

※通常の替え玉 (100円)もあります。

わたしも博多っ子歴30年以上なもんで、

雨が降ろうと雪が降ろうと、槍が降ろうと

替え玉は欠かしたことがありません。

が、未だかつて、炙った替え玉なんて

見たことも聞いたこともございません。

ということで、すっげ~楽しみ。

ではでは、炙り替え玉ひとつヨロシクです!

あっ、そうそう。

ちなみにメニュー表には載っていない裏メニューなので、

店員さんに声をかけてくださいね。

f:id:mesitsu_lb:20160817143412j:plain

ゆであがった麺を、一度ボウルに移してバーナーで炙って……、

f:id:mesitsu_lb:20160817143433j:plain

はい、できあがりです!

香ばしくてウマーイ。

炙ることで小麦の香りも立つそうです。

カリカリ!? パリパリ!? した独特な食感がクセになりそう。

見た目も変わるので、別メニューを頼んだみたいでちょっとお得な気分になれます。

「海鳴」のモットーは、食感や香りも楽しめる一杯を提供すること

「海鳴」だけに、思わず“うなる”メニューだらけです。

ほかにも自慢のメニューがいろいろ。

このお店の名物は「魚介とんこつ」だけじゃ、ありません。

ラーメンと一緒に注文してもらいたいのが

「海鳴丼 (300円)」

ずばり、炙りチャーシュー丼です。

f:id:mesitsu_lb:20160817143513j:plain

盛り付けてから炙るのが重要。

チャーシューのうま味が熱によって溶けだし、そのままご飯に流れ落ちていくから、最後の一粒までしっかり味が染み込んでいます。

f:id:mesitsu_lb:20160817143530j:plain

ひと口サイズにカットされたチャーシューは、歯ごたえを残しつつ、やわらかくてジューシー。焼き目の香りがまるで調味料の一種かのごとく効いていて、ご飯とマッチします。

で、本日ラストのメニューは、

「魚介とんこつ」と双璧を争うメニュー「つけ麺 魚介とんこつ (850円) 」

の登場です。

f:id:mesitsu_lb:20160817143600j:plain

こちらも「魚介とんこつ」と同様に、

立ちあがる魚介の香りが食欲をかき立てる一品です。

ツルツル&もっちりしたストレートな細麺が、濃厚な魚介とんこつのつけ汁によく絡み、のど越しもスッキリ。

うま味濃厚&マイルドな口当たりに、箸が止まりません。

f:id:mesitsu_lb:20160817143623j:plain

こちらのつけ麺は、特盛を注文しても料金は同じなので、

ガッツリ食べたい人には超絶オススメ!

また、今回の取材時には残念ながら品切れでしたが、

海鳴スタイルのトッピングソース&オイル

「エビとトマトのフレンチソース (200円)」「バジルとチーズのイタリアンオイル (150円)」にも、ぜひチャレンジしてみてください。

「フレンチラーメンにイタリアンラーメン? 」となる人もいるかもしれませんが、

「違和感無くうまい。うまいものに理屈は不要」と評判のメニューだそうです。

さて、先述したように「ラーメン海鳴」は超が5個くらい付いちゃう人気店!

福岡市内に4店舗展開中で、お店ごとに異なったメニューを提供しています。

ラインナップはこんな感じ 清川店:魚介とんこつラーメン&王道の魚介とんこつ つけ麺 中洲店:フレンチ、イタリアン、辛みなど新感覚とんこつラーメンを展開 平尾店:鶏の白湯をベースにしたつけ麺。トッピングで食感と味の変化を楽しむ 海鳴食堂(竹下店):から揚げ&とんかつ定食(ラーメン付)。ガッツリ系ボリューム定食

今回、取材させていただいたのは清川店です。

博多ラーメン界において新進気鋭と呼び声の高いこのお店。

こってりイメージのとんこつラーメンの意外な一面に惚れ直してみてはいかがでしょうか。

おかげですっかり、心も体もポッカポカになりましたよ~。

店舗情報

海鳴 清川店

住所:福岡県福岡市清川1-2-8-1F角号

電話番号:092-524-0744

営業時間:11:30~15:00/18:30~翌3:00

定休日:水曜日

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:マツータケシ

マツータケシ

福岡在住。某出版社を経て、フリーのカメラマン&ライターとして活動中。好きな言葉は「一日三度のメシ」。福岡の安くてうまい穴場を発掘することにはまっている。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

祝! 牡蠣小屋解禁!! サブメニューも充実でまるでカフェ【福岡・糸島】
大名の人気料亭が作る、ぜいたく肉まんとは?【福岡】
カノジョとつくる満腹レシピ! 料理研究家 Yuu*の「豚コマともやしのオイスターソース炒め」

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。