体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リノベの新しい選択肢に? 新築一戸建てをリノベしたそのワケは

リノベの新しい選択肢に? 新築一戸建てをリノベしたそのワケは

「一戸建てやマンションを買ってリノベーションする」というと、購入するのは中古住宅だと思うのが今までの常識。古くなった内装や設備を新しくしつつ、暮らしにフィットする形にカスタマイズして新たな付加価値を生み出すのが、リノベーションの目的だからだ。ところが、建ったばかりの新築一戸建てを買ってリノベーションしたファミリーがいるという。「なぜ新築をわざわざ?」「もったいないと思わなかった?」……などなど、次から次に湧く疑問を、「新築リノベーション」を敢行したYさん夫妻にぶつけてみた。

「画一的な家はイヤ」。だから、最初からリノベーションを前提としていた

「とにかく、お隣と同じ家はイヤだったんです」

なぜわざわざ新築をリノベーション?という質問に答えて、冒頭から力強く言い切ったのは妻Yさん(40歳)。間取りや内装まで隣の家と同じという画一的なマンションや建売住宅を購入することに抵抗があり、「家を買うときは、手を加えてわが家だけの住まいにしたい」という思いがあったのだという。そして、その”リノベーション志向“は、夫Sさん(41歳)の中にも同様にあった。

「中をいじりたい、まずそこからスタートしました。だから、家を買うなら、中古のマンションか一戸建てを探してリノベーションしようと。それは夫婦で一致していました」(夫Sさん)

双子が生まれて育児休暇中だった妻Yさんの育休明け(2016年春)までに引越すというスケジュールで動き始めたのが2015年の夏。早速、リノベーション会社に2社当たってみたが、「まずはセミナーに参加を」と悠長に勧める会社よりも、何かとレスポンスが速かったブルースタジオのほうが小回りが利きそうだと考え、ブルースタジオにリノベーションを依頼。担当者と一緒に中古物件を探し始めた。【画像1】都下エリア、私鉄沿線駅から徒歩数分という立地。外観は隣の家と変わらない新築の一戸建てだ。当初は、マンションも含めて検討していたが、マンションだと、子どもが走り回る足音が階下に響くのではないかと考え、次第に一戸建てへと気持ちが傾いていったそう(写真撮影/片山貴博)

【画像1】都下エリア、私鉄沿線駅から徒歩数分という立地。外観は隣の家と変わらない新築の一戸建てだ。当初は、マンションも含めて検討していたが、マンションだと、子どもが走り回る足音が階下に響くのではないかと考え、次第に一戸建てへと気持ちが傾いていったそう(写真撮影/片山貴博)

「水まわりにお金がかかる中古よりは」と新築リノベ案が浮上

ただ、物件探しは決して順調というわけではなかった。

「週に3軒ペースで物件を見学しましたが、立地が良ければメンテナンスがイマイチだったりと、一長一短で。特に、浴室やトイレなどの水まわりが汚いと、一気に興味が失せるんですよね」(夫Sさん)

その上、中古だと、水まわりを直すのにそれなりの費用がかかる。「それなら、いっそのこと新築も見てみようか」と幅を広げて探し始めたところ、保育園を変えずに済むごく近所に新築の建売住宅が見つかった。

「間取り的にも理想に近い物件でした。特に、水まわりを直さずに済むのが魅力的で」(夫Sさん)

新築を買ってリノベーションもとなると、費用はかなりかさんでしまうように思われるが、中古の水まわりを直すことを考えるとさほどでもないように思えたという。カスタマイズにこだわるなら、土地を買って注文住宅を建てるという選択肢もあり得たような気がするが……。

「もちろん、それも考えました。でも、思うような立地には土地が出なかったんです」(妻Yさん)

かくしてYさんファミリーは、すでに完成していた新築一戸建てを買ってリノベーションすることを決意したのだ。【画像2】上段がリノベーション前、下段がリノベーション後の間取り。主な変更点は、【1階】カウンターキッチン左端の壁を撤去/階段下スペースをアーチ形入り口のキッズスペースに/洗面台をダブルシンクに変更し、洗濯機はキッチン裏の収納スペースに移動【2階】主寝室と洋室の間のクローゼットを取り払い、洋室側をワークスペース(”共同書斎“)と小上がりスペースに/将来、間仕切りとロフトを設けることを想定して北東側の洋室の窓を4分割/北側の2つの洋室の間の引き戸を壁に変更(画像/SUUMOジャーナル編集部)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。