体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家賃150万超えの超高級賃貸マンションを内見してみた

家賃150万超えの超高級賃貸マンションを内見してみた

世の中には家賃150万円を超えるような高級住宅がある。毎月、新しい軽自動車を買い替え続けるレベルのコストがかかる家である。それって、いったいどれほど快適で、どれだけ気が利いているんだろう。立地や広さ以外にも高級賃貸ならではの良さやポイントはあるのか? ごく平均的な物件に暮らす市井(しせい)の人間の立場からレポートしてみたい。

家賃150万円! 外観撮影NGの超高級マンション

なお、今回は2件の家賃150万円超え物件を巡ったが、いずれも外観撮影はNG。さらに、記事内で具体的な場所は書かないでくださいと、案内してくれた不動産会社ケン・コーポレーションの担当者は言っていた。さすが150万、担当のセキュリティ意識も高級だ。

まず訪れたのは麻布十番駅から徒歩数分のところにある超高級マンション。入り口に至るアプローチからは金木犀の香りがした。金木犀には「気高い人」の花言葉があるという。気高い人しか住めませんよというメッセージだろうか。さすが金持ち、皮肉にも品があるなあ(※たぶんそういう意図はありません)。

今回、案内していただいた部屋は200m2の3LDKで家賃は150万円である。敷金は4カ月なので、仲介手数料や前家賃などもろもろ含めると1000万円弱の初期費用がかかる計算だ。一般的な賃貸物件の場合。補償金的な意味合いも含んでの金額なのだろう。

それでは、部屋の中を見ていこう。

玄関を開けてまず目を引くのは、31畳のリビングダイニングである。天井も高く、ちょっとしたダンスホールくらいの開放感がある。画像1】ちょっとした社交ダンスの大会が開けそうな大空間(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)

【画像1】ちょっとした社交ダンスの大会が開けそうな大空間(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)

リビングダイニングのほか18.1畳のマスターベッドルーム、10.4畳のベッドルームが2つ。ひと部屋以外は全てバルコニーがついていて、どのバルコニーからも東京タワーが見える。それも半分だけとかケチな見え方じゃなく、タワーの足元までしっかり見える。スカイツリーがいかに台頭しようと「部屋から東京タワーが見える」というステータスは不変だ。【画像2】写真左/サブのベッドルーム。サブなのにうちのリビングより広くて心がざわつく 写真右/バルコニーからの眺望。ド正面に東京タワー、周囲に高層ビル群という「東京の宣材写真」みたいな景色が広がる(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ) 【画像2】写真左/サブのベッドルーム。サブなのにうちのリビングより広くて心がざわつく 写真右/バルコニーからの眺望。ド正面に東京タワー、周囲に高層ビル群という「東京の宣材写真」みたいな景色が広がる(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)【画像3】写真左/バルコニーの植栽には自動的に水が散布される気の利きよう 写真右/エアコンの室外機は美観を損なうということで目隠しされている(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)

【画像3】写真左/バルコニーの植栽には自動的に水が散布される気の利きよう 写真右/エアコンの室外機は美観を損なうということで目隠しされている(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)

ふつうの家にはひとつしかないものが複数あるのも、高級賃貸の特徴だ。備え付けのランドリー(乾燥機付き)は2台、お風呂は2カ所、トイレは3カ所あった。バスルームが複数あるのは海外からの駐在員の住宅文化に合わせたもので、主寝室に併設のバスルームは両親用、もうひとつは子どもあるいはゲストが使う(親用と子ども用でバスルームを分けるのはグローバルスタンダードらしい)。トイレも3つあるから家族が同時に便意をもよおしても安心である。朝、便意のことで喧嘩するのはセレブっぽくない。【画像4】でかいカツオも余裕でさばけそうな広いキッチン(写真撮影:榎並紀行/やじろべえ)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。