ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

秦 基博、自身初の全国アリーナツアーは“10年間やってきた音楽の表現を凝縮”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

デビュー10周年を迎えた秦 基博が、11月からスタートさせた自身初となる全国アリーナツアー 『All The Pieces』。今回のツアーはバンドにストリングス隊を加えた編成で、これまでに世に放ってきた名曲の数々を最新のアレンジで聴かせる、秦 基博の軌跡がわかる内容になっている。そんな同ツアーへの想いを語ってもらった。
全国アリーナツアー 『All The Pieces』について語る秦 基博 (okmusic UP's)
アコースティックギターを手に人々の心の琴線を震わせる歌声で、多くのファンに感動を与えてきた秦だが、今回のツアーではバンドにストリングスも加えてのステージを披露。繊細さと大胆さが融合した構成を通して、10年の足跡を振り返っていく。タイトル通り、秦の音楽を形作るすべての“ピース”がちりばめられたアニバーサリーならではのパフォーマンスは必見だ!

そんな同ツアーから11月5日(土)に開催された大阪・大阪城ホールでのライブの模様が、12月25日(日)夜9:00よりWOWOWにて放送される。こちらも必見である。

【秦 基博インタビュー】
——2016年はデビュー10周年ということもあって、盛りだくさんな一年だったと思いますが、改めて“10周年”を迎えた今の気持ちは?

「いろんなことがありましたけど、早かったような気がします。気が付いたら10年経ってたという感じでした。最初はあまり意識していなくてフワッとしていたんですけど、『Augusta Camp』をプロデュースさせてもらったり、たくさんの方から“10周年おめでとう”って言ってもらえたことで実感したところもあります。そう言ってくださる方がいることが恵まれてると思いますし、10年音楽を続けて来られたことも改めてありがたいなって思えるタイミングでした」

——11月8日にデビュー満10周年を迎えられましたが、その11月からは初のアリーナツアーも。

「はい。11月1日から始まったんですが、このタイミングでアリーナツアーができたことはすごく大きな出来事でしたね。10周年というきっかけがあったから観に来てくれた方もいらっしゃると思うんです。今回のツアーは、これまでに何度も僕のライブに足を運んでくれた方もたくさんいますが、初めて観にきたという方も多いんです。それもすごく嬉しいなって思いますね」

——そのアリーナツアーですが、タイトルの『All The Pieces』には、どんな意味が込められていますか?

「最新シングル曲の「70億のピース」からのインスピレーションもあるんですが、自分が10年やってきたものを集めて、さらに会場に来てくれるみんなも含めて、全てのピースが揃って完成するような充実したライブにしたいと思って、『All The Pieces』というタイトルにしました」

——ツアーもいよいよ終盤。残すは23日のマリンメッセ福岡のみとなりましたが、実際にアリーナツアーを回ってみて得た感触や手応えはいかがですか?

「アリーナという大きな会場でお客さんにどうやって満足してもらえるか、会場の広さを超えてどう音楽を近くに感じてもらえるかというのが重要だなと思って演出や構成を考えました。スリリングな瞬間も必要だし、一番遠い席のお客さんに身近に感じてもらうためには?など、その距離感や緊張感みたいなものをどう行き来すればよいかをいろいろと考えたりもしましたね。アレンジも、バンドやストリングスのダブルカルテットの音を生かして厚みのある音で聴かせたり、弾き語りのようなシンプルな音で聴かせたり、とダイナミクスの付け方も意識しました。これまで回ってきて感じたのは、各会場ですごくいい空気が流れてることですね。音楽を介してみんながそこに集まって、コミュニケーションを取り合っている。そういう雰囲気を感じるんです」

——その中から11月5日に行った大阪城ホールでの公演の様子が、12月25日にWOWOWで放送されますが。

「今回のツアーはストリングス隊も入っているので、この日も始めの方はゆったりと音楽を楽しんでもらえてる感じで、中盤、後半に向けてどんどん盛り上がっていきました。大阪城ホールは5周年の時にもライブをやらせてもらったんですけど、同じ場所なのにステージからの光景は違って見えましたね。5年経つと見え方も変わってくるんだなぁって。今回、またここでライブができたこともすごく幸せだなって思いました」

——最新シングル曲の「70億のピース」「終わりのない空」、秦さんの代表曲のひとつ「ひまわりの約束」、そして初期の頃から歌い続けている「シンクロ」など、新旧楽曲が織り交ぜられているので、初めての人も秦さんの音楽が伝わりやすいセットリストだと思いました。最後に、WOWOWの放送を観ようと思っている方たちに見どころとメッセージをお願いします。

「はい。ツアータイトルの通り、10年間やってきた音楽の表現を凝縮したステージになりました。僕の音楽をよく聴いてくださってる方はもちろんですけど、まだ聴いたことがないという方にも、“秦 基博ってこういう音楽をやってるんだ”というのがすごくわかってもらえるライブだと思うので、とにかく楽しんで観てもらいたいです」

【WOWOW番組情報】
『秦 基博 10th Anniversary アリーナツアー “All The Pieces”』

12月25日(日)夜9:00[WOWOWライブ]

収録日:2016年11月5日 

収録場所:大阪 大阪城ホール

番組特設サイト:http://www.wowow.co.jp/music/hata/

★WOWOWご加入の方限定プレゼントキャンペーン実施中

秦 基博×WOWOW オリジナルトートバッグ 抽選で100名様プレゼント!

※ご応募は12月31日(土)まで受付中。詳細は番組特設サイトへ。

全国アリーナツアー 『All The Pieces』について語る秦 基博 (okmusic UP's)
全国アリーナツアー 『All The Pieces』について語る秦 基博 (okmusic UP's)
全国アリーナツアー 『All The Pieces』について語る秦 基博 (okmusic UP's)
秦 基博 (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。