ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本と真逆!汗だくで過ごすクリスマスは違和感しかなかった

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
日本と真逆!汗だくで過ごすクリスマスは違和感しかなかった

日本の冬といえば、こたつにミカンといったイメージ。年末年始は家族で集まってゆっくり過ごしたり、せっかく長期の休みが取れるので海外旅行に行く人も多いかと思います。

みなさんは、海外ではどんなホリデーシーズンを過ごしているのか気になりませんか?それも寒い季節ではなく、暑い季節で過ごすホリデーシーズンは日本とは違うのか気になりませんか?

オーストラリアのシドニー、アメリカのハワイとフロリダの暑い3都市で数回ホリデーシーズンを過ごしてきた経験を通じて感じたことをご紹介したいと思います。

 

やっぱり違和感

IMGP0449 のコピー

photo by Jun Negishi

日本で過ごすクリスマス、大晦日、元旦はもちろん冬ですから寒いですよね。アメリカのハワイとフロリダは真夏のシーズンと比較しては涼しいのですが、それでも普通に暑いです。シドニーは南半球オーストラリアの都市なので季節は真夏です。

そんな暑い3都市でクリスマス、大晦日、元旦を過ごしてきましたが、違和感は拭えません。何度過ごしてもやっぱりなんか変だなと感じてしまいます。

 

クリスマスに関しては同じアメリカですが、ニューヨークで見るクリスマスツリーとフロリダで見るクリスマスツリーでは雰囲気が違います。やっぱり寒いニューヨークで見るほうが、ロマンチックのように感じます。2015年は数年振りにフロリダでクリスマスツリーやイルミネーションを鑑賞しましたが、やっぱり違和感を感じました。

個人的には、元旦にほとんど特別感がく普通の日のように感じました。

 

スタバで感じるホリデーの始まり

4146473576_5c5baa31f9_o

photo by machechyp

もちろん暑い都市に住んでいても、ホリデーシーズンはやって来ます。そして外国人もやっぱりホリデーシーズンが大好きです。

日本だと街中にイルミネーションが点灯され始めると、いよいよクリスマスという感じになります。もちろん暑い都市でもイルミネーションは点灯されます。欧米の場合、自分の家をイルミネーションする人も。

 

でも、もっと簡単にホリデーシーズンの到来を感じることができます。それは「スターバックス」。冬になると、クリスマス仕様の赤いカップが使われていますよね。アメリカでもスタバのカップが赤色になるとクリスマスがやって来たと感じるようです。

「スタバのカップが赤色になったよ。クリスマスだわ」と言っている人を多くみかけました。また、スタバでは「エッグノッグラテ」や「キャラメルブリュレラテ」など、この季節おなじみの限定のドリンクも発売されるので、みんな楽しみにしています。

 
暑くても寒くても、スタバは私たちにクリスマスの訪れを告げてくれるみ身近な存在になっているようです。

 

クリスマスディナーの後はプール

9780681986_b6c1c02330_b

photo by Craig Stanfill

なぜ日本と海外だとこんなにクリスマスの過ごし方が違うんでしょうか?日本では恋人と過ごすという風潮になっていますが、海外ではクリスマスは家族で過ごすのが当たり前です。

2015年のクリスマス当日はアメリカで働いていたのですが、アメリカ人の多くは休暇を取っていました。多くの人たちが飛行機で実家に帰って、家族と一緒に過ごすと言っていました。仕事で実家に帰れない人は、友人たちを呼んでクリスマスパーティー。

 

シドニーでは、知り合いの家にホームステイ。普段はあまり見かけない大学生のお兄さんもちゃんと家族で過ごすクリスマスディナーに参加していました。海外の家らしくプールがあったので、クリスマスディナーの後にプールで遊ぶという、暑い季節らしいクリスマスを過ごしました。

 

クリスマス当日は要注意

photo by Remi / Tu

日本だとクリスマス当日はショッピングをしたり、外食をしたりと色々なお店が人で溢れる時期。しかし、海外だとクリスマス当日はほとんどお店が閉まっています。クリスマスイブも早めに閉まるお店が多いです。

クリスマスが終わると、アメリカではアフタークリスマスセールがスタート。オーストラリアではボクシングデーという休日があり、ボクシングデーセールが始まります。

 

みんな暑い中、多くの荷物を持って買い物を楽しんでいます。2015年もアメリカで1番大きいセールと言われるサンクスギビングデーセールで買い物したにもかかわらず、結構買い物をしてしまいました。

売れ残りが多いのですが、その分更に安くなっているので欲しい物が残っていたらかなり安く買えてラッキーです。

 

年越しは花火で

4626216455_555103c8a0_b

photo by bdesham

オーストラリア、アメリカ共に大晦日は花火で盛大に新年を祝っていました。ビーチで花火を鑑賞しながら迎える新年はとても新鮮でした。

日本では初詣に行って新年を迎える人も多いと思いますので、静と動という全く違う雰囲気の年越しですね。

 

州によって違いますが、アメリカでは基本的に花火は禁止。ここぞとばかりに花火をして新年を祝いました。

 

正月休みは長い?

13922696662_c65f483d43_b

photo by jdnx

アメリカでは元旦は休みですが、2日から仕事に行きます。シドニーでホームステイしている時も、お父さんは2日ぐらいから仕事に行っていた気がします。

ハワイではワイキキ周辺に住んでいたのですが、元旦からサーフィンをしている人も結構いました。朝サーフィンをしている人は、初日の出が出始めてからサーフィンをやっているのではないでしょうか?個人的にはどこで見るよりも最高の初日の出だと思います。

 

海外は日本より長く休みが取れると言われていますが、正月休みは日本の方が長いと感じます。欧米では、正月休みよりもクリスマス休暇を長く取るのだとか。感じ方や過ごし方は日本とは違いますが、クリスマスはとても重要で愛されている日のようです。

 

まとめ

日本とは違う暑い都市で過ごすホリデーシーズンは違和感を感じたものの新鮮さも感じました。日本では過ごすことのできない貴重な日々を経験することができました。

シドニーは季節が真夏でしたが、飛行機で2〜3時間ぐらいの距離で寒い季節と暑い季節で過ごすホリデーシーズンを体験できるアメリカの凄さを感じました。

皆さんも是非一度、暑い季節で過ごすホリデーシーズンを体験してみてはいかがでしょうか?

関連記事リンク(外部サイト)

日本が紅く染まる!11月におすすめのイベント・お祭り7選
国内のカウントダウンイベントはココで決まり!2017年版
パスポートを盗まれた!最悪の年明けから始まった奇跡の物語「前編」
今年を締める用意はできた?クリスマスも年越しも!12月のイベント7選

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。