体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まだ間に合う! 今年はフェルトでクリスマスツリーを作っちゃおう!

f:id:ponparemall:20161222172849j:plain

「一人暮らしの部屋にクリスマスツリーを飾ろう」と思っても、お店で売っているものだと、サイズが大きかったり、値段が高かったりと、なかなか好みのツリーが見つからないことも。それならばいっそ、自分で作ってみちゃうのはどうでしょう? 今回は、フェルトを使ってお手軽に作れるツリーを、バッグ作家の中林ういさんに教えていただきました。

簡単フェルトツリーの作り方!

今回は「簡単に作れて、飾ってもオシャレ」をコンセプトに、中林さんにデザインしてもらいました。壁や天上から吊るして飾れるタイプのツリーで、手軽かつリーズナブルにゲットできるフェルト素材を、おもに使用します。

中林さんによると、フェルトは裁ち目がほつれにくいため、布端の始末が不要で、布の縦横や裏表も気にしなくていいそう。裁断の際も難しく考える必要がないので、初心者でも簡単に使いこなしやすいとか。

それでは実際に使用する材料と道具を見ていきましょう。フェルト以外の素材は、“扱いが簡単ですぐ手に入る”ことを重視し、「紙バンド」と「飾りひも」をチョイスしてもらいました♪

【材料】

・紙バンド(緑)…約5m

・フェルト(緑、白、赤)…緑は20cm四方を約2枚半、白と赤は適宜

・飾りひも(緑)…約4m(飾りひもがない場合、1mmほどの太さのひもや糸ならOK)

【道具】

・ハサミ

・ボンド

・両面テープ

・目打ち、または千枚通し

・ハガキくらいの厚紙(図案を描く用)

・図案を描き写すペン

f:id:ponparemall:20161222172850j:plain

「紙バンド」とは、特殊な12本の紙糸で作られている素材のこと。硬めで丈夫ながら、紙のように扱いやすいのが魅力です。手芸屋さんなどで入手できますよ。それでは、さっそくツリー作りを教えてもらいましょう!

【1】紙バンドで輪を作る

紙バンドを下記の寸法通りに7本(7段分)カット。それぞれの紙バンドの両端2㎝のところに両面テープを貼り、二重の輪(紙輪)にします。

<各紙バンドの寸法>

1段目…20cm

2段目…31cm

3段目…42cm

4段目…60cm

5段目…69cm

6段目…81cm

7段目…96cm

f:id:ponparemall:20161222172851j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
ポンパレモール、やってます。の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会