ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?
夏に比べると冬は汗をあまりかかないので、ついつい体臭対策を怠っていたりしていませんか。

実は冬も気をつけないといけないそうなのですが、なぜ寒い時期にも体臭のリスクがあるのでしょうか。

今回は冬に体臭がきつくなる原因、体の部位別ごとの臭い対策などを医師の建部先生に解説していただきました。

夏より冬の方が臭いがきつくなる原因

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?
体臭を皆さんが気にされる季節というと、やはり夏が多いのではないかと思いますが、実は夏よりも冬の方が体臭がきつくなる場合も数多くあります。

冬に体臭がきつくなるメカニズム

どうして、夏の方が蒸し暑くて汗もかきやすいのに、冬場の方が体臭がきつく出やすいのか疑問に思われる方も多いでしょう。

しかし、分泌されたばかりの汗そのものには臭いがなく、汗に含まれる皮脂が酸化したりその皮脂や汗の水分を利用して雑菌が繁殖することによってはじめて臭いが発生する、というメカニズムが挙げられます。

暖房、コートなどの衣類

夏場は汗を多くかく半面、シャワーなどを浴びて汗を流す機会も多く服装も当然ながら通気性の良いものになります。雑菌繁殖による臭いが発生してもそれが感じにくい条件や環境になっているといえます。

一方、冬は暖房や暖かいコートなどの衣類の影響によって、思ったよりも汗をかく機会が多いのに、本人が意識せずそのままにしていることが結構多いと思います。これが冬に、夏よりも体臭が強く感じることがある原因と考えられます。

冬場に体臭を強く感じやすい部位としては、コートなどでカバーされて汗をかく機会の多い脇などの上半身や、ブーツを履いて汗をかくことの多い足の部分などが挙げられるでしょう。

寒さによる運動不足と高カロリーな食事

寒さのあまり運動習慣が疎かになり、脂質の多い高カロリーな食事を多く摂ってしまいがちでもあります。

脂質摂取が多くなれば冬場の皮膚乾燥を防ぐ体の働きもあり、汗とは別にその分泌が促され体臭の原因にもなり得ます。

冬の男性と女性の臭いの違い

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?

男性

男性は女性よりも一般に代謝量が多いことが多く、汗もかきやすいこと、また、皮脂の分泌も盛んなことからどちらかというと脂っぽい臭いになることも多いようです。

女性

女性の場合は、特に冬に特徴的なのは、ロングブーツなどの着用による足の蒸れた匂いが多いかと思います。靴を脱いだ瞬間にぷーんと匂う独特のにおいに、ドキッとした経験はありませんか?

部位別の冬の体臭対策

夏よりも気をつけたい冬の体臭対策 実は体の洗いすぎがNGって本当?

頭皮

定期的にシャンプーを行うことはもちろんのこと、洗髪の後は朝急いでいても、しっかり髪を乾かすようにしましょう。

特に、洗い髪の湿度が残ったまま冬用の帽子などかぶってしまうと、雑菌が繁殖しやすい環境になるためイやな臭いの原因になります。

 

首筋

首筋は加齢臭などが特に気になりやすい部位です。自分の臭いに合わせた、体臭対策用のソープなどを使用するとより完璧でしょう。

冬は脇の臭いもつい、ケアを怠りがちですが、夏と同じくに制汗剤や脇のデオドラントグッズの出番といえるでしょう。

 

こちらも冬に非常に気になるもの。足の臭いが気になる方は、通気性の良い素材のブーツを選んだり、デオドラント効果のある中敷きを選んだりすることも効果が期待できます。

関連記事リンク(外部サイト)

感染症予防のため“餅つき”を自粛?意外と多い日常の手にまつわる細菌リスク
《医師が解説》ダウンタウン浜田雅功さんも患った“声帯炎”ってどんな病気?
身体からのSOSを見逃さないで!5つの尿の異常からわかる体調の変化

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。