ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

KKBOXが2016年 年間再生ランキング発表、楽曲1位はBIGBANG「BANG BANG BANG」&アーティスト1位はONE OK ROCK

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
KKBOXが2016年 年間再生ランキング発表、楽曲1位はBIGBANG「BANG BANG BANG」&アーティスト1位はONE OK ROCK

KKBOX Japanは12月22日、定額制音楽配信サービス「KKBOX」の再生回数を集計した「2016年 年間ランキング」を発表した。

2016年、日本国内のKKBOXで最も再生された楽曲はBIGBANG「BANG BANG BANG」、最も再生されたアルバムは「HIGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM」だった。今年最も再生された邦楽アーティストは、ONE OK ROCK。ONE OK ROCKは2016年上半期のランキングでも1位を獲得しており、年間を通じて圧倒的な人気を示す結果となった。

洋楽で最も再生されたアーティストは、5月にニューアルバム「Dangerous Woman」をリリースし来日したAriana Grande。2016年デビューの邦楽アーティストに限定した「Japan Best New Artists」ランキングでは、4月に「サイレントマジョリティー」で鮮烈なデビューを果たした欅坂46が1位に輝いた。

また、KKBOXがサービス展開するアジア地域(日本、台湾、香港、東南アジア)における邦楽アーティストの再生回数を集計したチャート「2016 Japanese Artist HITS in ASIA」では、ONE OK ROCKが首位を獲得。ONE OK ROCKは昨年2015年の同ランキングでも1位を獲得し、2年連続1位となった。日本国内での人気はもちろんの事、国境を超え絶大な人気の高さ・存在感を示す形となった。

また、2位にはRADWIMPSが選出された。5月から配信スタートしたストリーミングサービス限定の楽曲集「RADWIMPSのはじまりはじまりのまとめ」が、日本国内の総合アルバムランキングでも3位を記録している中、アジア全域においても好調な結果となった。RADWIMPSが主題歌を含む音楽を担当した映画「君の名は。」がアジア各国の映画興行ランキングで1位を獲得しヒットしているのと同様、楽曲が多くの方の耳に届けられた。

KKBOX 2016年年間ランキングレビュー記事
http://kkbox.fm/n1YUae

【ランキング結果】
2016 KKBOX Japan Top 10 tracks(総合楽曲ランキング TOP10)

集計方法:2016年1月1日〜2016年11月30日までのシングル版とアルバム版の楽曲再生数の合計
集計対象作品:2016年にリリースされた楽曲

2016 KKBOX Japan Top 10 albums(総合アルバムランキング TOP10)

集計対象作品:2016年にリリースされた楽曲

2016 KKBOX Japan Best Artists(邦楽)

集計方法:2016年1月1日〜2016年11月30日までの楽曲再生数の合計

2016 KKBOX Japan Best Artists(洋楽)

集計方法:2016年1月1日〜2016年11月30日までの楽曲再生数の合計

2016 KKBOX Japan Best New Artists

集計方法:2016年1月1日〜2016年11月30日までの全再生数
集計対象:2016年に初めて作品を発表したアーティスト

2016 Japanese Artist HITS in ASIA

集計方法:2016年1月1日〜2016年11月30日までの全再生数
対象:邦楽アーティスト

関連リンク

KKBOX

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。