ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夢みたいな話だけど、旅をしながら仕事ってホントにできるの?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
夢みたいな話だけど、旅をしながら仕事ってホントにできるの?

旅をしながら生きていきたいけれど、お金ってどうすればいいのかな?と悩んでいる方は少なくないでしょう。実は旅行中もお金を稼ぐ手段があります。

例えば、ストリートミュージシャン、Webデザイナー、似顔絵師、アクセサリー職人、エンジニア、小説家などが挙げられます。少し変わった職種が多いですね。

今回は、僕がIT系のベンチャー企業で働いていた際に、交流の多かったエンジニアという仕事をご紹介します。

 

システムエンジニアとプログラマーの違い

エンジニアにもシステムエンジニアやプログラマーなど様々な職種があります。両者の違いが分かりにくいかもしれませんが、実は業務内容は大きく異なります。

システムエンジニア(通称:SE)

システムエンジニアは顧客からどのようなシステムを望んでいるかを聞き、その詳細な部分を設計する人のことを指します。

プログラマー

プログラマーはSEの設計通りに作り、実際にプログラムを書く人を指します。旅先で仕事を受注したいのであれば、プログラマーになることをおすすめします。

 

エンジニアになるメリット

shutterstock_344207129

photo by shutterstock

1、場所を選ばず働ける

会社に雇われるのではなくフリーランスとしてエンジニアをするなら場所は選びません!フリーランスの方の多くは、クラウドソーシングに掲載されている仕事から自分のスキルにあったものを選んでいます。

 

2、エンジニアが重宝される時代が来る

アメリカのオバマ元大統領も「これからの時代はプログラミングを学ぶべきだ」と発言しています。

マーケターであっても多くの方がプログラミングを学んでいます。自分が以前インターンしていた会社でもプログラミング勉強会が行われており、エンジニアだけでなく会社全体でプログラミングを学ぶ環境がありました。

働くうえで、プログラミングは大きな武器になります。HTMLやCSSは、学んで損はありません。私はマーケティングインターンでしたが、HTMLやCSSを使う機会は多かったです。

 

3、文系だからって関係ない!

プログラミングは理系の人がやることだと思っていませんか?実際に文系出身のエンジニアは少なくありません。文系の方向けのプログラミングスクールやイベントが多いので、学習の機会はたくさんあります。一人で勉強を継続する自信がなければ、でそのような環境に飛び込むのもいいのではないでしょうか。

 

実際どれくらい稼げてるの?

shutterstock_268208312

photo by shutterstock

収入は誰もが気にするポイントだと思いますが、エンジニアって収入いいんですよ!

会社で働くシステムエンジニアの平均年収は590万円と言われています。月収で計算すると約35万円、ボーナスが約85万円になります。一方でフリーランスのシステムエンジニアは月収60~90万円という数字が出ています。

またアメリカのエンジニアの平均年収は900万円(月収約80万円)と言われており、アメリカでエンジニアデビューをするのも夢のある話ですね。

 

まずは触れてみるだけでも

プログラミングと聞いてとっつきにくい部分があるかもしれませんが、思い切って新しい世界に触れてみるのもおすすめです。エンジニアの需要はこれからも増え続けていきます。

プログラミングに興味があり実際に触れてみたいという方は、旅大学のエンジニア講座をおすすめします。

旅するように働き・生きるための準備学〜旅するエンジニア編〜 | 旅大学

 

関連記事リンク(外部サイト)

【旅人の就活】就職活動の面接で旅について聞かれた4つの質問
アメリカでのインターンシップで学んだ、世界を舞台に働くために必要なこと
旅の経験で内定がもらえる!?旅人のための新卒採用支援プログラム「旅人採用2016」
海外就職の夢を叶える6つのサイト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。