ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

水カンのコムアイ、Kan Sanoに弟子入り?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

水カンのコムアイ、Kan Sanoに弟子入り?
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。12月21日(水)のオンエアでは、「必殺! 仕事人の館」のコーナーに、キーボーディストで音楽家のKan Sanoさんをお迎えして、仕事術をお聞きしました。

水曜日のカンパネラ・コムアイは、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」でSanoさんがバンドに参加していたUAさんのステージを見ていたそうで、「今年のフェスの中で、UAさんのステージが最高でした!」と感激していました。Sanoさんはいろいろなシンガーと共演することが増えて、自分でも歌うようになったそうです。そんなSanoさんにコムアイは「そんなに素直に影響を受けるものなんですか!? 私は逆にすごいシンガーと一緒になったら、歌うのをやめたいと思うくらいで…そこがSanoさんのすごい才能だと思って…」と驚いていました。

そんなSanoさんは、エフェクトをかけて声をいじるそうです。

コムアイ:どのくらい、声を重ねるんですか?
Sano:6〜10本くらい…。
コムアイ:多いですね〜! 私は4本くらいです。

Sanoさんは声が細いため、同じような声を重ねるそうですが、実はコムアイも声が細いため、重ねているのだとか。コムアイは、低い声も重ねるそうですが、Sanoさんも同じようにやっていることが分かると「一緒にやって技術を盗みたいので、歌手として弟子入りさせてください」と嘆願していました(笑)。

続いて、自分の過去の作品を聴くか、という話になり、コムアイは「なるべく、昔の作品は聴きたくない」と思っているそうですが、Sanoさんは「考えるところはあるけど、頑張って作ったから。時が経つと印象も変わるし」ということで聴くそうです。コムアイは「真面目ですね〜」と感心していました。

そんなSanoさんは今年、「C’est la vie feat. 七尾旅人」をリリースしました。どうしても七尾旅人さんの声が欲しくて“ダメもと“でお願いをしたら引き受けてくれたそうです。しかも、Sanoさんがトラックを送ったところ、仮歌がないのに歌を入れて完成したものが送られてきたそうです! 「求めているものが分かってくれているから、話が早い!」と感激していました。コムアイは「勉強になる!」と感心しっぱなしの対談となりました。

そのほか、「俺のリリックを越えて行け」のコーナーでは、水曜日のカンパネラ・ケンモチヒデフミが喜びそうな作品を紹介したりと、今週も濃厚な放送になりました。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 25時―26時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。