体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネイザン・イースト、新曲3曲の先行配信がスタート&ファン垂涎のメイキング映像公開

ネイザン・イーストがソロ2作目となるアルバム『レヴェランス(Reverence)』より、「Lifecycle」「Feels Like Home」「Serpentine Fire」の3曲をiTunes Store、レコチョク、mora等の各配信サイトにて先行配信をスタートさせた。
ネイザン・イースト (okmusic UP's)
「Serpentine Fire」はアース・ウインド&ファイアーの“太陽の戦士”として知られる名曲だが、今回のカヴァーにあたって知られざる秘話があった。今回のレコーディングのベースとなったのは、なんとネイザンと実弟のマルセルが、エリック・クラプトン(G)、フィル・コリンズ(Dr)と1991年にレコーディングを行なったテープ。

ネイザン・イーストのエンジニアを長年務めるムーギーが25年に渡る長い捜索を経て、最終的に歌手パティ・オースティンの地下室でアナログ・テープに残されたトラックを発見。同テープはテープ・ベーキングの過程(古いテープを一度オーブンに入れ、50~55度の熱処理によって乾燥させプレイバックを可能にする作業)を経てデジタルリマスターされた後、フィリップ・ベイリーがボーカルを、ヴァーディン・ホワイトがもう一人のベース部分、さらにラルフ・ジョンソンがパーカッションをそれぞれ加えるという、普通では考えられないような豪華な追加レコーディングが行なわれた。このアース・ウインド&ファイアーの3名の参加によって、地下室に眠っていたトラックは不死鳥のごとく蘇った。

また今回、テープ・ベーキングが成功したことを関係者と共に大喜びするネイザン・イースト、そして彼が敬愛するフィリップ・ベイリー、ヴァーディン・ホワイト、ラルフ・ジョンソンの3人のスター達が次々とレコーディングのためにスタジオを訪れた際の様子などが収められた貴重なメイキング映像が公開された。洋楽ファン垂涎の映像となっているので、是非こちらもチェックしていただきたい。

なお、その貴重な「Serpentine Fire」のメイキング映像やこれまでに公開された各種プレビュー動画、そして今回新たに公開されたアルバム『レヴェランス(Reverence)』のクロスフェード動画、さらにアルバム購入特典などが掲載されたアルバム特設サイトも同時オープンした。

ネイザンらしいベースの妙技が冴え渡る「Lifecycle」、ヨランダ・アダムスの歌声が沁みる「Feels Like Home」、そしてスターたちの共演が光る「Serpentine Fire」と、話題に事欠かない最新アルバム『レヴェランス(Reverence)』。今から2017年1月11日(水)の発売が待ち遠しい。

■先行配信先URL

・iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/id1184183208?app=itunes

・レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1005533028/

・mora

http://mora.jp/package/43000019/YCCW-10295/

「Serpentine Fire」メイキング映像
https://youtu.be/ygYpYlTt80g

『レヴェランス(Reverence)』クロスフェード動画
https://youtu.be/r06jd9nJ_-Q

「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」リリックビデオ
https://youtu.be/byaQ7iFNW9w

「Feels Like Home (Feat. Yolanda Adams)」プレビュー動画
https://youtu.be/3jYO8v4xs0k

「Lifecycle」プレビュー動画
https://youtu.be/d3E9tThFWE4

「Lifecycle」ティーザー動画
https://youtu.be/c9wSZ_sodwQ

アルバム『レヴェランス(Reverence)』
2017年1月11日(水)発売

YCCW-10295/¥2,500+税

<収録曲>

01. ラヴズ・ホリデイ(フィーチャリング・フィリップ・ベイリー)

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。