ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『12月22日はなんの日?』永遠のパンク・ヒーロー、ジョー・ストラマーの命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『12月22日はなんの日?』永遠のパンク・ヒーロー、ジョー・ストラマーの命日

 12月22日はザ・クラッシュのボーカリスト、ジョー・ストラマーの命日である。パンク・ロック界随一のカリスマが心臓発作により急死したという、あまりにもショッキングなニュースが世界中を駆け巡ったのは、2002年12月22日のこと。ストラマーは50歳という若さで突然、この世を去った。

 ザ・クラッシュは1986年の解散以降、一度も再結成していない。しかし、実はストラマーの死の直前、バンドははじめて再結成のチャンスを迎えていた。2002年11月、ザ・クラッシュの『ロックの殿堂』入りが決定、これを機にバンドを再結成させ、式典に出席&パフォーマンスをおこなうことをストラマーが熱望し、ミック・ジョーンズとトッパー・ヒードンの2人もそれに賛同、検討を進めていたのだ。しかし、ストラマーの突然の死により、残念ながらそれは実現不可能となってしまったわけだが…ストラマーの死を受け、2003年3月におこなわれた同式典にはミック・ジョーンズのほか、再結成には反対していたポール・シムノン、初代ドラマーのテリー・チャイムズ、ストラマーの妻ルシンダが出席した。また、同年2月のグラミー賞授賞式では、エルヴィス・コステロ、ブルース・スプリングスティーン、デイヴ・グロール、スティーヴ・ヴァン・ザントの4人がボーカルを務め、クラッシュの名曲「ロンドン・コーリング」パフォーマンスをおこなっている。

◎The Clash accepts award Rock and Roll Hall of Fame inductions 2003
https://www.youtube.com/watch?v=ZcCtdeZxqnM

関連記事リンク(外部サイト)

■ジョー・ストラマー■ 8月に生誕60周年を祝う夏フェスが開催される
『12月15日はなんの日?』元ザ・クラッシュ、ポール・シムノン誕生日 パンク名盤に刻まれた若き日の衝動
ザ・クラッシュ 究極のボックス・セット『SOUND SYSTEM』発売を記念しMV特別上映

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。