ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

女性あるある!再就職・復職への不安や意欲を調査

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫


職場への不満はもちろん、出産や結婚などの諸事情により、仕事を辞めたり休んだりせざるを得ない女性は、男性よりも圧倒的に多いもの。

総合人事・人材サービスを展開するアデコは、働く女性4350名を対象に「女性の再就職・復職に関する意識調査」(2016年10月※インターネット調査)を実施。

そこから見えてきた、仕事ブランクのある女性の不安要因や復職後の意欲の変化とは?思わず「あるある~」とうなずきながら見てしまう女性も多いであろう、その調査結果をさっそくチェック。


まず、今回調査対象となった働く女性4350名にうち、何らかの理由で仕事を退職・休職し、その後仕事を再開したことがある女性は、約6割(56.4%)にのぼることが判明。


退職・休職の理由としては、「仕事に対する不満」(31.4%)がもっとも多く、次いで「育児や出産のため」(26.9%)が上位にあがった。

続いて出産・育児を理由に休職したワーキングマザーとそれ以外の理由で休職したことがある女性の7割以上が、再就職や復職の際に不安を感じていたと回答。


なかでもワーキングマザーの不安の要因のトップは「育児との両立」(62.6%)となっており、2位の「子どもが病気やケガのときどうするか」(35.5%)と合わせ、子育てに関係する内容が上位を占めた。


さらにワーキングマザーに退職前後での昇進・昇格への意欲の変化を聞いたところ、休職前には意欲のあった人が半数以上いたのに対し、復職後には43.8%とやや減少した結果となった。


意欲が変化した理由は「育児への負担」が多く、意欲が高まった人は「収入アップ」を理由に挙げた人が多かった。


昇進・昇格への意欲の変化を年代別にもう少し詳しく見てみると、20代に関してのみ、再就職後・復職後に意欲が高まっていることが判明(66.7%→71.2%)。全体的には、年齢が高まると意欲が減少する傾向にあることがわかった。

女性が仕事を続けていく上で、不安や悩みを感じるのは普通のこと。自分自身が納得できる選択をできればそれがイチバンなのでは!?

調査結果の詳細を知りたい人はコチラ( http://www.adecco.co.jp/about/pressroom/researchreports/ )をクリック。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。