ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「すべては初夢のシナリオ通りに」エヴァ名台詞などコラボ年賀状が続々!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「すべては初夢のシナリオ通りに」エヴァ名台詞などコラボ年賀状が続々!
画像は「ウェブキャラ年賀」の「エヴァンゲリオン」デザイン
年賀はがきを直接購入しなくてもネットから申込・郵送できる「スマホで年賀状」や「ネットで年賀状」キャンペーンなどは広く知られているが、新年に向けて、今年も豪華なスペシャル年賀状のサービスを開始。

Web申込でそのまま差出し可能な「ウェブキャラ年賀」では、「スーパーマリオ」や「魔法つかいプリキュア!」など14種類のバラエティー豊かな年賀状デザインを用意。

住所を知らなくてもSNS連携で年賀状を交換しあえる「年賀状トレード」では、藤ちょこさんといった人気イラストレーターらによる描き下ろしイラストなどが用意されている。

また、自分だけのキャラクターを作成できる「ONE PIECE年賀状メーカー」など、人気作品・作家とコラボしたコンテンツが目白押しとなっている。

日の出NERVに初夢ゲンドウ! 自由すぎる「ウェブキャラ年賀」

Web申込限定の「ウェブキャラ年賀」では、全14種類のキャラクターとのコラボレーションによるデザイン年賀状が用意されている。

「スター・ウォーズ」や「パックマン」、「ポムポムプリン」など、老若男女問わず人気のキャラクターが勢ぞろい。メッセージを記述する通信面のみか、切手部分などもキャラクターであしらうか、様々なパターンを選ぶこともできる。

例えば「エヴァンゲリオン」では、切手は富士山と「特務機関NERV」ロゴで初日の出をイメージしたデザインや、さらに碇ゲンドウによる「すべては初夢のシナリオ通りに」という作中の名言をパロった新年メッセージ面など。

既存のデザインではなく、各キャラクターの新年特別仕様。同じ作品のファン同士なら重宝するだろう。

人気イラストレーターが「年賀状トレード」専用に描き下ろし

相手の住所を知らなくても年賀状の交換ができる「年賀状トレード」も始まっている。

SNSで呼びかけて、送る方と受け取る方が「年賀状トレード」に住所登録することで、好きなデザインで年賀状を交換することができる。もちろん知人だけではなく、「年賀状トレード」に登録しているプロのイラストレーターらと年賀状を交換することも。

この「年賀状トレード」専用のデザイン年賀状として、藤ちょこさん・森倉円さん・村上ゆいちさんという3人の人気イラストレーターによる描き下ろしデザインも公開されている。

可愛らしいキャラクターと鮮やかな色彩で、新年に相応しい華やかなデザインとなっている。

それぞれ1枚130円(税込)で、1月4日(水)まで販売を受け付けている。

「ONE PIECE年賀状メーカー」キャラを自作するかルフィ画伯に任せるか…究極の選択

人気漫画「ONE PIECE」ともコラボレーション。自分だけの「ONE PIECE」風キャラクターを制作して印刷・郵送できる「ONE PIECE年賀状メーカー」もはじまっている。

「ナミ」風の女性か「ルフィ」風の男性を選んで、顔のパーツや装飾を細かく設定。作成したキャラと年賀状デザイン、服装、メッセージを組み合わせて、自分だけの1枚をつくることが可能。

さらに、写真を読み込ませてデザインを生成したり、ルフィ画伯による絵心満載のキャラや、カマバッカ王国のイワンコフに強烈なキャラをつくってもらうこともできる。

気に入った年賀状ができたら、枚数限定でそのまま年賀状を印刷・郵送するサービスも。注文から3営業日で発送されるので、「ONE PIECE」同士で交換しあうのも手だ。

規定枚数に達した場合もキャラクター作成は引き続き楽しむことができる。

ピコ太郎「PPAP」楽曲付き年賀状も! お気に入りの1枚を見つけよう

ほかにも、キャラクターや作品に限らず、2016年を席巻したピコ太郎さんの楽曲「PPAP」ロングver付きの年賀状など、ユニークなラインナップが充実している。

いよいよ今年も残すところ1週間とちょっと。特設サイトをチェックして渾身の1枚を見つけてみよう。

引用元

「すべては初夢のシナリオ通りに」エヴァ名台詞などコラボ年賀状が続々!

関連記事

ジョジョの奇妙な音楽 vol.2 70年代の前衛音楽とロックから学ぶスタンド!
『君の名は。』新海誠インタビュー前編 「エンタメど真ん中」を志した理由とは
「エヴァ」シンジとカヲルのワンピ&スカートが超絶可愛い

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。