体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『GOAT STORY ゴートマグ』ヤギの角の形で携帯できるクラウドファンディング生まれのコーヒータンブラー

その昔、ヨーロッパではヤギの角にコーヒーを持ち歩いていた…、などという歴史は全くないので注意したいヤギの角形コーヒータンブラー『GOAT STORY ゴートマグ』。小粋にショルダーがけしたくなるこの得意なフォルムが非常に気になるので、おためししてみた。

9世紀のエチオピアでヤギが赤い実を食べて興奮しているのをヤギ飼い少年が発見、それがコーヒーの実だったという説から…

一応、ヤギとコーヒーは全くの無関係ではない。というのもコーヒー発祥は諸説あるのだが、9世紀エチオピアでヤギが赤い実を食べて興奮しているのをヤギ飼い少年が発見、それがコーヒーの実だったという説があるからだ。


とはいえその後エチオピアでヤギの角でコーヒーを持ち歩いていたという事実はないし、世界中のどの地域でもないはず。なのでこの『GOAT STORY ゴートマグ』は、あくまでそんなヤギに対するリスペクトだけで作られた。もちろんヤギ成分は1ミリたりとも含まれていない。


とはいえこの株式会社ウェルリッチ(東京都豊島区)による『GOAT STORY ゴートマグ』(350ml/470ml ・希望小売価格 税抜5,500円/5,800円・2017年1月発売)は、ルックスと肩やカバンにつけてぶら下げて携帯できるなどの機能性は充分に魅力的。


しかも中欧スロベニア生まれの製品で、クラウドファンディング(ネットを介しての一般からの資金集め)の元祖ともいうべき「Kickstarter(キックスターター)」によって製品化されたというから、潜在需要は大いにあったことも証明済みだ。

 

マイタンブラー持ち歩き派にオススメ! ヤギの角でコーヒーを持ち歩いて楽しむ新しい楽しみ!?


この角に見える本体は有害とされているBPAを使用していないポリプロピレン樹脂製。なので本体自体は軽い。

だがデザインのアクセントとなるホルダーが本革製でガッチリしており、同じく本革のストラップと合わせると総重量は330g(470mlサイズ※実測値)。さらにそこになみなみコーヒーを注ぐと750gと結構な重さになることに注意。今回試用できなかったが、革の代わりにヘンプ布製のモデルもあるので、そちらはもう少し軽くなるかもしれない。


革ホルダー付き470mlサイズを実際に持ってみると結構直径が実測で最太部87mmあり、ホルダー最細部でも60mmあるので、女子や手の小さい人だと片手では持ちにくいかも。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会