ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

パースの天気・季節別のおすすめ服装と観光スポットおすすめ11選

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

パースの天気・季節別のおすすめ服装と観光スポットおすすめ11選

Provided by foursquare-icon-16x16

こんにちは。Compathy MagazineライターのSHRYです。西オーストラリア州の州都、パース。年間通して過ごしやすい気候と、豊かな自然に恵まれた地として多くの観光客が訪れています。パースに訪れた時に最大限に楽しむことができるように、季節別の特徴と観光スポットをご紹介します。

オーストラリア、パースの気候とは? 基本情報と天気の注意点

Photo credit:
Eng Hooi Sim
via flickr cc
オーストラリア大陸西部に位置するパース。西オーストラリア州の中では最大、オーストラリア全土では第4の都市として知られています。日本との時差は1時間ほどなので、旅行先でも日本にいる家族や友人との連絡も時間を気にせずにすることができます。晴天の日が多いと言われるオーストラリアの都市のなかでも、他の都市と比べると晴天日数が多いとされています。

今日・明日の天気は? パースの最新週間天気予報・気温・降水確率

所により曇

今日

12/22

High 26°
/
Low 16°

所により曇

明日

12/23

High 31°
/
Low 17°

所により曇

土曜

12/24

High 29°
/
Low 16°

晴

日曜

12/25

High 31°
/
Low 16°

所により曇

月曜

12/26

High 29°
/
Low 13°

所により曇

火曜

12/27

High 23°
/
Low 11°

晴

水曜

12/28

High 27°
/
Low 16°

Wunderground.com

パースの過去の年間天気:月間毎の平均気温と降水量一覧表

月別(2015年)平均最高気温(℃)平均最低気温(℃)月降水量(mm)
1月

33.817.70
2月
33.118.627
3月29.916.221
4月25.713.453
5月21.48.867
6月21.010.0
7月18.79.189
8月19.49.297
9月22.89.346
10月27.012.218
11月29.015.016
12月30.116.017

参照:気象庁2015年度データ

パースの季節ごとの気候とおすすめの服装

Photo credit: Luke Edwards via flickr cc
オーストラリアは南半球に位置するため、日本とは季節が真逆になります。パースは四季による温度変化を感じることができる温帯性気候に属しているため、日本と同様の季節感を味わうことができます。平均気温は20~30°C前後ですが、秋から冬にかけては平均最低気温が10°C前後になるため服装の調節も必要になります。パースの季節別の気候とおすすめの服装をご紹介致します。

パースの夏:12月・1月・2月の気候とおすすめの服装

12月になると、パースは夏をむかえます。最高気温は30°Cを越える日もありますが、日陰や夜になると風が心地よく感じることができます。また、マリンスポーツなどが盛んに行われるシーズンということで観光客でビーチは賑わいを見せはじめます。
1月は、12月同様に気温も高く乾燥したオーストラリア特有の天気が続きます。乾燥しているため、ハンドクリームや保湿クリームを普段から使用している方はバッグに入れて持ち歩くとよいかもしれません。2月もパースは夏の気候です。しかし、夜間や日陰に入ると肌寒く感じることもあるので、薄手のカーディガンなど持ち歩きやすい上着を準備しておくと良いでしょう。

パースの秋:3月・4月・5月の気候とおすすめの服装

3月からパースは秋へと移り変わりはじめます。夏に比べると暑さは落ち着き、太陽の光も和らいできます。そのため、日中の寒暖の差は激しく、朝晩は羽織るものは必要です。4月になると、前月よりも最高気温は5°Cほど下がるので過ごしやすさが増します。
5月に入ると、日中は20°Cを超えますが、朝晩は最低気温が10°Cを切ります。1日の中で寒暖の差が出やすくなるため、薄手の長袖やカーディガンなどの羽織るものを持ち歩いておくとよいかもしれません。気温差で風邪を引かない様に、少しだけ厚めの防寒具をご準備くださいね。
また、この頃から月の光と海が反射して”月の階段”をブルームという地域でみることができる時期になります。天気が安定してくる5月頃から”月の階段”が見れる確率が高くなることからも、気候の安定を伺うことができます。

パースの冬:6月・7月・8月の気候とおすすめの服装

年間を通して雨が少ないパースですが、6月頃から雨季に入ります。土砂降りや雷を伴う嵐がくることもありますので、雨具は準備しておいた方が良いでしょう。しかし、パースは雨でも楽しめる観光スポットが多くあるので、気候に気にせず楽しむことができます。
6月はトリュフの収穫祭イベント、8月にはシネフェス・オズというオーストラリアとフランスの映画をフューチャーした映画祭も行われます。イベントに参加して、パースの冬を楽しみましょう!冬は最高でも20°Cを下回り、最低気温は10°Cを切る事も多いため、コートやマフラーや手袋を用意しておくことをおすすめします。

パースの春:9月・10月・11月の気候とおすすめの服装

9月になると、パースは春をむかえます。降水量が徐々に減り、天候に恵まれた温暖な日が増えはじめます。その他の季節同様に、変わらず寒暖の差はありますが、過ごしやすい時期と言えるでしょう。10月~11月は、薄手のジャケットや長袖など薄着で過ごすことができるようになる気候に変わっていきます。ほとんど雨が降らない時期なので、晴天時には公園や屋外の施設を楽しむことができるようになります。

オーストラリアの都市の気候と服装

広い国土を持つオーストラリア。今回ご紹介しているパース以外の都市にも観光地はたくさんあります。シドニーやゴールドコーストなどの都市の気候と適した服装をチェックしておくと、より快適な旅行をすることができます。オーストラリアの都市・エリア別気候まとめと服装ガイドを参考にしてみては? 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。