ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

支払いはこのカード1枚で! 「Curve」はクレジットやデビットカードを何枚でも集約できる

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Curveフィンテック分野が熱い。金融とITを融合させた新たなサービスが世界中で次々と誕生しているが、英国で注目を浴びているのが「Curve」。

クレジットカードやデビットカードを1つのプラットフォームにまとめて管理できるサービスで、iOSアプリに続きこのほどAndroid版も投入した。

・何枚でも登録可能

Curveは今年2月にiOSアプリでサービスを開始。Curveのカード(Mastercard機能付き)に、手持ちのクレジットカードやデビットカードを集約できる。

Curve3普段よく使うカードをデフォルト設定しておいて、別のカードを使いたいときはアプリで選ぶという仕組み。カードは何枚でも登録できるので、財布にカードをたくさん入れて持ち歩かなくも済むようになる。

・支出管理も簡単!

使い方は通常のカードと同じ。スワイプ、ピン番号入力、非接触など、すべての支払い方法に対応する。ATMでの引き出しも可能だ。

Curve2また、Curveのアプリではいつどのカードを何に使ったかの明細も表示する。トータルで今月いくら使ったかも自動計算されるので、支出管理も簡単になる。

Curveは現在、ヨーロッパ居住者のみを対象としている。他のエリアでも展開するかは現在のところ不明だが、ニーズはあるだろう。日本でも同様のサービスが出てきてもおかしくはなさそうだ。

Curve

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。