体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【パーティー気分】「ヤマザキのランチパック」をフレンチトーストにしてみた【ぼっちのクリスマスに】

f:id:Meshi2_IB:20161214184543j:plain

イルミネーションがキラキラ輝き、ジングルベルが鳴り響くこの季節。あなたの隣に、そっとほほ笑んでくれる相手はいますか……?

はい、いない人手を挙げて! 見栄張らないで素直に言っちゃってくださいよ!

そして堂々と宣言しましょう。

「私はクリスマスぼっちです!」と。

でも、ぼっちならぼっちなりのクリスマスの楽しみ方があるはず!

そう、例えばケーキ!

でっかいケーキを買ってひとりで食べきるのも、それはそれでアリですが……自分で作っちゃう方が安上がりですよね。でもお菓子作りって好きじゃない。

細かい計量とか苦手だし、ぶっちゃけ面倒くさい。作っている間に孤独も増しそう。

だったら! そんな人でも超簡単に作れて、それでいてクリスマス気分を満喫できるスイーツがあれば最高ですよね! あるんですよ、そういうお手軽スイーツが!!

f:id:Meshi2_IB:20161214184540j:plain

用意するものは、こちら……ヤマザキのランチパックです!!

これを材料に、甘くて美味しい「フレンチトースト」を作るのです!

今回は、ヤマザキ公式ホームページのこちら↓

にて公開されているレシピ「ランチパック 簡単! クリーム in フレンチトースト」を参考にさせていただきました。

ランチパックは年間50以上も新しい種類が出るほど、味のバリエーションが多い商品なので、広報担当の方に何味が「フレンチトースト」に向いているのかを事前にリサーチしたところ、「定番のピーナッツがオススメです」とお答えいただきました。

発売開始から33年を迎えたランチパックですが、なんとピーナッツはその間の売り上げ不動の1位を保ち続けているらしいのです。33年トップに君臨してるランチパック ピーナッツ……「フレンチトースト」にしても絶品なはず!

f:id:Meshi2_IB:20161214184541j:plain

材料

ランチパック 1袋 卵 1個 牛乳 80ml 砂糖 大さじ1 バニラエッセンス 少々 バター 適量

「フレンチトースト」のみ作るなら、上記の材料だけでOKのようです。クリスマスらしい華やかさを求めるならば、バナナやレーズン、ナッツなども一緒に用意しましょう。

さっそくつくってみましょう

手順は、まず卵と牛乳と砂糖とバニラエッセンスを加えた卵液にランチパックを両面浸します。そのままじっくり染み込ませるため、1時間くらい寝かしましょう。時間をおけばおくほど染みるので、最長12時間くらいは放置しても大丈夫です。私は今回は6時間置きました。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。