ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ハイレゾ音源は市場拡大が継続、ハイレゾ対応ヘッドホンの伸長が顕著〜GfKジャパン発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ハイレゾ音源は市場拡大が継続、ハイレゾ対応ヘッドホンの伸長が顕著〜GfKジャパン発表

GfKジャパンは、主要ハイレゾ音源配信サイトにおけるダウンロード実績に基づく「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」の提供を開始した。これに伴い、ハイレゾ音源ダウンロードの市場概況を発表した。

一般社団法人日本レコード協会協力のもと、GfKが調査した「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」によると、ハイレゾ音源のダウンロード配信数は、2015年では前年比108%増(2.08倍)と大きく拡大した。2016年に入っても各月で前年実績を上回って推移しており、2016年1〜11月計では前年比10%増となった。アニメジャンルが市場を牽引していることに加え、J-POPなどでラインナップが増えユーザーのすそ野が広がっている。また、2016年はアルバム(まとめ買い)が好調なこともあり、平均単価が上昇。1〜11月のダウンロード金額は前年比11%増と数量を上回る成長となった 。

ハイレゾ音源ダウンロード市場拡大の背景には、ハイレゾ対応オーディオ機器の普及がある。家電量販店におけるハイレゾ対応オーディオ機器の販売をみると、携帯音楽プレーヤーは2015年では数量前年比28%増、2016年1〜11月も前年の水準を維持している(全国有力家電量販約4000店の販売実績集計)。そして、ハイレゾ対応ヘッドホンは2015年では同148%増(2.48倍)、2016年1〜11月では同53%増と拡大が続く。また、スマートフォンでも対応モデルが相次いで発売されており、ハイレゾ音源を楽しむ環境は広がりつつある。

2016年は新たに2社がハイレゾ音源の配信サービスを開始した。こうした中、業界を上げての普及活動や、ソフトとハードで連携した販促活動が活発化している。12月は例年人気アーティストの新譜リリース等より配信のピークを迎えるが、どこまでファンを取り込めるか動向が注目される。

「ハイレゾ音源ダウンロード市場レポート」概要
提供頻度:月次
集計対象音楽配信サイト:e-onkyo music、mora 、mysound、VICTOR STUDIO HD-Music.、レコチョク
調査内容:ハイレゾ音源ダウンロード数・金額(全体・トラック/アルバム(まとめ買い)別)

関連リンク

GfKジャパン

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。