ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

12/26付ビルボードジャパンチャートおよび12/12〜12/18 RADIO ON AIR DATA発表

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
12/26付ビルボードジャパンチャートおよび12/12〜12/18 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard JAPAN」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による12月26日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、Hot Overseas(集計期間:2016年12月12日〜12月18日)および2016年12月12日〜12月18日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

星野源「恋」勢い止まらず、25.3万枚セールスのHey!Say!JUMPを抑え、再び5冠でJAPAN HOT100総合首位V5達成

星野源「恋」は、ラジオ、ダウンロード、ストリーミング、Twitter、動画再生の5指標で前週に引き続き1位を守り、シングル・セールスは13位から8位へ、ルックアップ2位維持と、全指標で高ポイントを獲得、JAPAN HOT100総合首位でV5を達成した。

一方の25.3万枚セールスによってシングルとルックアップで1位となったHey!Say!JUMP「Give Me Love」は、ラジオ62位、Twitter7位と他指標が奮わず、前週の関ジャニ∞「NOROSHI」に続き、2週連続でジャニーズ勢の首位獲得が阻まれる結果となった。この勢いは星野源の旧タイトルにも影響し、Twitterとダウンロードが伸びて「SUN」16位、「くせのうた」51位、「時よ」98位とHOT100に計4曲がチャートインする躍進ぶりを見せている。

今週のストリーミングは、星野源「恋」1位、上白石萌音「なんでもないや」2位、清水翔太「My Boo」3位と先週と変わらず、動画再生も星野源「恋」1位、ピコ太郎「PPAP」2位、RADWIMPS「前前前世」3位とこちらも変わらなかった。ちなみに不動の動画4位は星野源「SUN」で、これが昨年5月リリースの「SUN」躍進の下支えとなっている。

イヤーエンドチャートが各社発表され、一方ではクリスマス・ソングが流れる時期となってきた。それにより今年のヒット曲とされる各曲が軒並み順位を上げつつ、back number「クリスマスソング」、マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」、山下達郎「クリスマス・イブ」も順位を上げる展開に。

昨年のクリスマス・ソングのチャート争いは、back numberが制したが、今年もラジオでそれぞれポイントを固めつつ、back numberはダウンロードでポイントを伸ばして先行し、後者2曲はストリーミングのポイントで追う形となっている。

止まないRAD旋風、HoneyWorks映画主題歌がトップ10に2曲チャートイン

RADWIMPS「前前前世」(映画『君の名は。 』主題歌)が26回目のチャートインを数え、前回に引き続き同楽曲がトップを獲得した12月26日付ビルボードジャパン“HOT Animation”。

パッケージセールスのトップほか、Twitter、動画再生回数、ルックアップでポイントを積み上げ、2位になったのはHoneyWorks meets TrySailの「センパイ。」(映画『好きになるその瞬間を。〜告白実行委員会〜』主題歌)。TrySaiと通称“ハニワ”のコラボレーションとなる楽曲で、同映画のエンディング楽曲HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46「大嫌いなはずだった。」は12月19日付チャートと同じく、6位に入った。

映画のタイアップ楽曲が多いなか、スマートフォンゲーム「アイドリッシュセブン」シリーズ内のユニットRe:valeの「TO MY DEAREST」が4位に。ネット先行配信の楽曲となっており、Twitter1位のポイントから話題に多く上がったことが読み取れる。

クリスマス・ソングの女王が洋楽チャート首位奪還、ブルーノ・マーズは10週目のNo.1ならず

マライア・キャリーの「恋人たちのクリスマス」が約1年ぶりにBillboard JAPAN洋楽チャート“Hot Overseas”を制した。

クリスマスの訪れとともに、毎年のようにチャート快進撃を展開し、首位をマークするクリスマス・ソングの定番「恋人たちのクリスマス」。今週、デジタル・セールス、動画再生回数、ストリーミングで洋楽勢断トツのTOPとなり、エアプレイでは8位にリ・エントリー。週末にむけて、さらにオンエア回数が増えることが予想される。

また、同曲をフィーチャーした人気企画“Carpool Karaoke”の公開、NYエンパイア・ステート・ビルディングでのライトショーに起用されるなど、話題も尽きることなく提供されており、来週も1位をマークする可能性もありそうだ。さらには、ジャスティン・ビーバーとデュエットしたヴァージョンも今週19位にランクインしている。

約200ポイント差で2位となったブルーノ・マーズ「24K・マジック」は、エアプレイでは、先週と変わらず3位をキープしたものの、マライアの圧倒的な勢いに押され、惜しくもランクダウン。だが、クリスマス・シーズンが明ければ首位に返り咲き、晴れて10週目のNo.1を獲得することも大いにあり得るだろう。

6位には、1Dのルイ・トムリンソンがスティーヴ・アオキとタッグを組んだ「ジャスト・ホールド・オン」が初登場。デジタル・セールスでは洋楽勢2位、ルイにとって初のソロ・シングル曲ということもありTwitterでも大きな話題となり、ポイントを積み上げた。

今後はエアプレイ・ポイントも加算され、TOP5圏内に浮上するのは確実だろう。そして18位には、ゼインとテイラー・スウィフトによる「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー(フィフティ・シェイズ・ダーカー)」が初エントリーを果たしている。

2016年12月26日付 Billboard Japan Hot 100

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
1

星野源
V
20161005
14
2

Give Me Love
Hey!Say!JUMP
JST
20161214
1
3
5
PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)
ピコ太郎
AVT
20161207
11
4
9
ハッピーエンド
back number
SIG
20161116
9
5
8
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
25
6
4
二人セゾン
欅坂46
SMR
20161130
6
7

FXXK IT
BIGBANG
AVT
20161213
1
8
2
NOROSHI
関ジャニ∞
JST
20161207
3
9

LAST DANCE
BIGBANG
AVT
20161213
1
10
11
サヨナラの意味
乃木坂46
SMR
20161109
9
11
84
bye bye
lol
AVT
20161214
2
12
6
世界に一つだけの花
SMAP
V
20030305
50
13
30
クリスマスソング
back number
SIG
20151118
23
14

センパイ。
HoneyWorks meets TrySail
ANP
20161214
1
15

抱きしめたい
チャン・グンソク
EMI
20161214
1
16
25
SUN
星野源
V
20150527
82
17
60
ありがとう
SMAP
V
20061011
11
18
23
砂の塔
THE YELLOW MONKEY
C
20161019
11
19
7
You Can’t Hurry Love
Hi-STANDARD
PZ
20161207
2
20
15
Welcome to TOKYO
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
RZN
20161109
12

2016年12月26日付 Billboard Japan Hot Animation

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
タイアップ
1
1
前前前世
RADWIMPS
EMI
20160824
26
映画「君の名は。」主題歌
2

センパイ。
HoneyWorks meets TrySail
ANP
20161214
1
映画「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」主題歌
3
2
なんでもないや
RADWIMPS
EMI
20160824
17
映画「君の名は。」主題歌
4

TO MY DEAREST
Re:vale
LA
20161214
1
(声優)
5
4
夢のありか
ナオト・インティライミ
SIG
20161207
3
映画「モンスターストライク THE MOVIE」主題歌
6
6
大嫌いなはずだった。
HoneyWorks meets さゆりんご軍団 + 真夏さんリスペクト軍団 from 乃木坂46
MRA
20161207
2
映画「好きになるその瞬間を。~告白実行委員会~」エンディング
7

DiVE!!
天月-あまつき-
K
20161214
1
TX系「デジモンユニバース アプリモンスターズ」オープニング
8
10
スパークル
RADWIMPS
EMI
20161123
18
映画「君の名は。」主題歌
9
14
History Maker
DEAN FUJIOKA
ASI
20161007
11
ANB系「ユーリ!!!on ICE」オープニング
10

未来のPiece
ツキクラ
SMER
20161214
1
(声優)
11
15
RAGE OF DUST
SPYAIR
SMAR
20161109
9
TBS系「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」オープニング
12
16
茜さす
Aimer(エメ)
SMER
20161116
5
TX系「夏目友人帳 伍」エンディング
13
8
Update A Day
Trignal
LA
20161207
2
(声優)
14
7
潮風
岡崎体育
SMER
20161207
2
CX系「舟を編む」オープニング
15
20
ひまわりの約束
秦基博
AOJ
20141224
116
映画「STAND BY ME ドラえもん」主題歌
16
3
にっかり妖かし数え唄
にっかり青江(間島淳司)と幽霊退治戦隊

20161207
2
MXTV他「刀剣乱舞-花丸-」エンディング
17

青い炎シンドローム
飯田里穂
TJC
20161214
1
TX系「デジモンユニバース アプリモンスターズ」エンディング
18

ミカヅキ
さユり
AOJ
20150826
7
CX系「乱歩奇譚 Game of Laplace」エンディング
19
5
サマカニ!!
川島瑞樹(東山奈央),日野茜(赤崎千夏),堀裕子(鈴木絵理),上田鈴帆(春野ななみ),難波笑美(伊達朱里紗)
C
20161207
2
(声優)
20

友よ~この先もずっと…
ケツメイシ
AVT
20160420
30
映画「映画クレヨンしんちゃん 爆睡!ユメミーワールド大突撃」主題歌

2016年12月26日付 Billboard Japan Hot Overseas

順位
先週の順位
曲名
アーティスト名
発売
発売日
チャートイン回数
1
3
恋人たちのクリスマス
マライア・キャリー
SMJI
20150624
31
2
1
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
WMJ
20161118
11
3
2
クローサー feat.ホールジー
チェインスモーカーズ
SMJI
20160729
18
4
4
ラスト・クリスマス
ワム!
SMJI
20041117
21
5
6
スターボーイ feat.ダフト・パンク
ウィークエンド
UI
20161223
10
6

ジャスト・ホールド・オン
スティーヴ・アオキ & ルイ・トムリンソン
SMJI
20161212
1
7
7
ドント・ワナ・ノウ feat.ケンドリック・ラマー
マルーン5
UI
20161012
10
8
10
ソーリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20151113
50
9
13
シェイク・イット・オフ〜気にしてなんかいられないっ!!
テイラー・スウィフト
UI
20141029
115
10
14
アップタウン・ファンク feat.ブルーノ・マーズ
マーク・ロンソン
SMJI
20150304
82
11
19
ワーク・フロム・ホーム feat.タイ・ダラー・サイン
フィフス・ハーモニー
SMJI
20160527
25
12

ハッピー
ファレル・ウィリアムス
SMJI
20140430
115
13
9
シャウト・アウト・トゥ・マイ・エックス〜完全ふっ切れ宣言〜
リトル・ミックス
SMJI
20161123
9
14

パーフェクト・イリュージョン
レディー・ガガ
UI
20161021
12
15
15
シュガー
マルーン5
UI
20140903
79
16

サンタ・テル・ミー
アリアナ・グランデ
UI
20141203
6
17

バイ・ユア・サイド feat.レイ
ジョナス・ブルー
UI
20161028
1
18

アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー(フィフティ・シェイズ・ダーカー)
ゼイン・マリク & テイラー・スウィフト
UI
 
1
19

恋人たちのクリスマス Duet with マライア・キャリー
ジャスティン・ビーバー
UI
20111102
4
20
16
レット・ミー・ラヴ・ユー feat.ジャスティン・ビーバー
DJスネイク
UI
20160812
11

RADIO ON AIR DATA 12/12〜12/18 TOP5

順位
曲名
アーティスト名
1

星野 源
2
前前前世
RADWIMPS
3
Without You
夜の本気ダンス
4
24K・マジック
ブルーノ・マーズ
5
クリスマスソング
back number

関連リンク

阪神コンテンツリンク:http://hcl-c.com/
プランテックhttp://www.hotexpress.co.jp/plantech/
Billboard JAPANhttp://www.billboard-japan.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。