体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新潟・妙高市の名店3店を巡る

f:id:bbhotstp:20161214230024j:plain

新潟県妙高市は、縦に長い新潟県の中でも雪深く寒さが厳しい地域として知られています。そうした事もあってか、寒い冬に心も体も温まるような品を提供してくれるお店が数多くあります。

今回は、読者のみなさまにもおすすめの、妙高市グルメの名店を3店ご紹介いたします。

上越豚骨の名店

まずはこちら。

f:id:bbhotstp:20161214225848j:plain

「オーモリラーメン」

「上越豚骨」で知られる名店です。

f:id:bbhotstp:20161214225854j:plain

店内はかなり広く、ゆったりとしたテーブル席、座敷席など、さまざまな客層が利用しやすいつくりとなっています。

「オーモリラーメン」の看板メニューはこちら。

f:id:bbhotstp:20161214225901j:plain

▲ラーメン(600円)

丼からたちこめる豚の香り……

まさに上越豚骨な一杯!

「豚骨」というと思い浮かべるのが、真っ白でドロドロとした濃厚白湯。しかし、上越に古くから根付く「豚骨」はそれではなく、スープ自体はあっさり清湯系。

コトコトと長時間煮込み、たっぷりと豚のエキスが抽出されたスープに、豚素材から出る豚脂。それらの豊潤な豚風味が、丼の中にギッシリと詰まっていました。

f:id:bbhotstp:20161214225910j:plain

麺は自社製麺所で作られる自家製麺です。

スーパーや周辺のお店などに麺を卸している事もあり、麺、スープともに「オーモリラーメン」と似たスタイルのお店が多く存在しています。

上越、妙高エリアならではの一杯を、ぜひ一度お試し下さい!

話題の「とん汁ラーメン」

続いて、テレビなどでも取り上げられ、全国的な知名度を誇るようになったお店をご紹介します。

f:id:bbhotstp:20161214225919j:plain

「とん汁たちばな」

お店の奇想天外な一杯がこちら。

f:id:bbhotstp:20161214225925j:plain f:id:bbhotstp:20161214225931j:plain

▲とん汁ラーメン(800円)

その名の通り、とん汁に麺が入った一杯です。

といっても、単なるとん汁麺ではありません。

改良を重ねた事で、味噌の風味、うま味、素材の美味しさが詰まったスープとなっています。

なんでも、ここ数カ月で「たちばな」特製のオリジナル味噌に切り替えたのだとか。

そうした事もあってか、数年前に食べた時よりも、ハッキリとした味になり、格段に美味しくなっています。

まだ食べた事がないという方はもちろんの事、既にこちらのお店で「とん汁ラーメン」を食べた事があるという方も、ぜひもう一度試してもらいたいですね。

そして、今回追加トッピングで注文した品がかなり当たりでした。

f:id:bbhotstp:20161214225939j:plain

▲かんずり(60円)

妙高市の名物として知られる一品です。

新潟県内ではスーパーなど各所でかんずりを販売していますが、こちらのお店では「生かんずり」が用いられています。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。