ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
テレンス・マリックが宇宙や生命を描く40年の集大成『ボヤージュ・オブ・タイム』日本公開決定

 寡作にして発表する作品は常に高い評価を受け、世間を賑わしてきた偉才テレンス・マリック監督の最新作『Voyage of Time:Life’s Journey』。邦題を『ボヤージュ・オブ・タイム』として、2017年3月より全国公開されることが決定し、同時にポスタービジュアルと本予告編が公開された(https://youtu.be/28GQF5FqZRg)。

 カンヌ国際映画祭では『天国の日々』(78)で監督賞を、『ツリー・オブ・ライフ』(11)でパルムドールを、さらにベルリン国際映画祭では『シン・レッド・ライン』(98)で金熊賞を受賞し、度々アカデミー賞にもノミネートされ世間を賑わしてきたテレンス・マリック。本作は、テレンス・マリックが40年のライフワークを集大成して世に送り出す渾身作で、本予告では「白昼夢のような、未体験の感覚。―THE NEWYORKER」「圧倒的な自然美に眼福。愛を綴ったポエムのような作品。―Variety」「スクリーンに“奇跡”がおこる。緻密で壮大な作品に、ひれ伏し魅了される。―SCREEN」という海外評にもあるように、圧倒的な映像美が繰り広げられる。

 なお、製作にはブラッド・ピットが名乗りを挙げ、40分のIMAX版ではナレーションも担当。通常版のナレーションはアカデミー賞女優ケイト・ブランシェットが務めている。

◎公開情報
映画『ボヤージュ・オブ・タイム』
2017年3月 TOHOシネマズ シャンテ他 全国ロードショー
監督:テレンス・マリック『ツリー・オブ・ライフ』『シン・レッド・ライン』
語り:ケイト・ブランシェット『キャロル』
製作:ブラッド・ピット(※ブラッド・ピットは40分のIMAX版ナレーションも担当)、ジャック・ペラン
原題Voyage of Time:Life’s Journey/2016年/フランス・ドイツ・アメリカ映画/90分/カラー/ビスタ/5.1chデジタル/字幕翻訳:松浦美奈 配給:ギャガ
2016(C)Voyage of Time UG (haftungsbeschrankt). All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ブラピ×アンジー最後の夫婦役共演? プライベート映像含む『白い帽子の女』特別映像解禁
ブラッド・ピット×マリオン・コティヤール×ロバート・ゼメキス監督『マリアンヌ』2017年2月全国公開
ウディ・アレン最新作ロマンティック・コメディ『カフェ・ソサエティ』日本公開決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。