ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

カラフル×キュート×独創的!国内初の大規模な「マリメッコ展」に癒される【東京】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
カラフル×キュート×独創的!国内初の大規模な「マリメッコ展」に癒される【東京】 マリメッコ展

日本人の心を魅了するマリメッコデザイン。フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコの歴史をたどり、デザイナーの仕事と活躍を紹介する「マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル」が東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催中です。

展示されるのはヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、ビンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料など計200点以上、どれも貴重なものばかり。

国内初の大規模な巡回展です。ご家族と、友人と自分の中のクリエイティブ精神を刺激する時間を、この「マリメッコ展」で過ごしてみませんか?

マリメッコの歴史と歩み

ファブリック ≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック ≪ウニッコ≫(ケシの花)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年 Unikko pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

マリメッコを代表するモチーフの一つであるケシの花「ウニッコ」。1950~2000年代の象徴的な柄のファブリック展示をイントロダクションとし、来場者をマリメッコの世界へと誘います。マリメッコの歴史を語るには欠かせない、大胆な色使いや柄の魅力を探ってみましょう。ジャクリーン・ケネディが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年 ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ  Design Museum / Harry Kivilinna

ジャクリーン・ケネディが購入したドレス≪ヘイルヘルマ≫、1959年 ファブリック≪ナスティ≫(小さな無頭釘)、1957年、服飾・図案デザイン:ヴオッコ・ヌルメスニエミ Design Museum / Harry Kivilinna

マリメッコのデザインはどのように生まれ、製品化されていくのでしょうか。今回の展示ではデザイナーのデザインを描き起こしてから、ファブリックとして製品化されるまでの過程を、映像を交えながら見ることができます。ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年  Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

ファブリック≪カイヴォ≫(泉)、図案デザイン:マイヤ・イソラ、1964年

Kaivo pattern designed for Marimekko by Maija Isola in 1964

創業当時からの貴重なドレス、ファブリック、アクセサリーや食器などに加え、時代を作った著名デザイナーのインタビュー映像も展示。

さらにマリメッコの歴史上重要な役割を果たした日本人デザイナーのドレスもお目見えします。各デザイナーたちのこだわりや独創性に皆さんの五感もきっと刺激されるはずです。ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

ファブリック≪シィールトラプータルハ≫(市民菜園)、図案デザイン:マイヤ・ロウエカリ、2009年 Siirtolapuutarha pattern designed for Marimekko by Maija Louekari in 2009

まとめ

マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得ています。大胆でカラフル、抽象的なデザインとして高い人気を呼び、その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開。

マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。その背景と舞台裏を是非その目で確かめてみてはいかがでしょうか。

混雑を避けてゆっくり観覧するなら毎週金・土曜日に21時まで夜間開館しているので、その時間帯がおすすめです(入館は20:30まで)。

マリメッコファンはもちろん、そうでなくともその大胆でカラフルなデザインに魅了されるはずです。 マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル

開催場所/Bunkamura ザ・ミュージアム(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)

開催日/~2017年2月12日(日)

※1月1日(日)のみ休館

時間/10:00~19:00

※毎週金・土曜日は21:00まで(12月31日を除く)

料金/一般1400円、大学・高校生1000円、中学・小学生700円

アクセス/JR・東京メトロ・京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分

「マリメッコ展―デザイン、ファブリック、ライフスタイル」の詳細はこちら

※この記事は2016年12月時点での情報です


関連記事リンク(外部サイト)

2月は横浜におでかけしよう!家族や友達、恋人と行ってみたい、おすすめの人気観光スポット20選!
SNS映え×体験、オープン…2017年の最新スポットがどこもスゴイ!【関東・東北】
観光列車、日本初グルメ…キーワードで見る!おでかけヒット2016【関東・東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。