体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

女性の「キャリア観」は、今どう変わっているのか?

女性起業家・個人事業主300人が集結する“日本最大級の女性起業家のための祭典”「J300」が始まったのは2009年。友人と一緒にこのイベントを立ち上げたのが、女性経営者のデータベースサイト「女性社長.net」の運営や、女性社長を応援するさまざまな企画を手がける株式会社コラボラボの横田響子さんです。

奇しくも“女性の活躍”が一躍クローズアップされた2016年。最近では男女共同参画や女性の起業、キャリアアップのための講演などにも精力的な横田さんに、今、女性のキャリア観がどう変わりつつあるかうかがいました。

f:id:k_kushida:20161215123429j:plain

横田響子(よこた・きょうこ)

㈱コラボラボ代表取締役。1976年生まれ。大学卒業後、㈱リクルートを経て、2006年㈱コラボラボを設立し、女性社長を応援する活動を精力的に展開。2011年APEC WESにてイノベーターとして表彰。2013年内閣府・男女共同参画局女性のチャレンジ賞受賞。2014年ForbesJapan「未来を創る日本の女性!フォーブスが選ぶ10人」選出。内閣府・男女共同参画連携会議議員、内閣府「国・行政のあり方を考える懇談会」委員などを務める。著書に『女性社長が日本を救う』(マガジンハウス)。

2017年1月26日に開催される2016年度の内閣府共済「企業×女性起業家マッチングイベント」&「J300シリーズ」の詳細は、http://joseishacho.net/j300_2016/まで。

キャリア女性ほどリアリティを持って、10年後の自分を考えている!?

――これまで女性社長支援という形で女性の働き方を見つめてきた横田さんから見て、最近の女性の働き方や、働く女性の意識をどう見ていますか。

2016年11月、日本年金学会などが共催した「ユース年金学会」で、お茶の水女子大永瀬ゼミの学生が発表した調査があります。約20大学の幅広い男女学生群約1000人が回答した調査ですが、そこには「専業主婦になりたいですか」という質問もあり、その結果は「そう思う」「まあそう思う」を合わせても男女で19%。女子で「とてもそう思う」と回答したのはわずか10%だったそうです。この結果を見ても、働きながら子育てするというのがスタンダードになりつつあるといえるでしょう。

つい先日も、母校の後輩の20代女性たちと会う機会がありました。比較的安定志向が強い校風なのですが、みんな転職をナチュラルに考えているのに驚きました。みんな大手企業にいて、しかも今は女性活用ということで、20代でもバンバン仕事を振ってもらい、やりがいを感じている。そのぶんスキルも身についているのですが、子育てしながらスキルを活かして楽しく働いている30代、40代の先輩世代がまだ少ない。10年後の組織にも良いイメージが描けないし、だったら外資も含めて、今のうちに転職先を探してみよう、という感じです。

――きちんとキャリアを身につけているからこそ、自分の将来を考えたとき転職もありうるということでしょうか。

そうですね。子育てしながら働きやすく、かつやりがいもあるところを、きっちり天秤にかけながら、現実的なこととして考えています。もちろん彼女たちの会社はどこも産休や育休の制度は整っているんですよ。でも出産というブランクから戻ったときに、またやりがいがある仕事に戻れるのか。

日本の一般的な年功序列型の企業は、給与体系などで50歳くらいをピークに設計していると思います。男性はそれでもいいのですが、女性が30代で子どもを産んで育てたいと思ったら、20代~30代前半のうちにステップを考えておかなくてはいけない。そのぶん男性よりも、リアリティを持って考えているのだと思います。男性の育休と違って、女性の出産は、確実なお休みになりますから。

それからパートナーとの関係もあります。後輩の中の1人は、パートナーが外資系企業に勤め、海外転勤もありえるので、海外でも働けるステップを持っておきたい。それに相手が世界を渡りながら、軽やかにホップステップジャンプしているのを間近で見ていたら、自然と刺激を受けるそうです。

――みなさん実際に転職活動しているのですか?

めちゃくちゃしていますね。といっても、転職が目的ではないので「いいところがあったら」くらいですが、アンテナは張り巡らせているようです。

この間も、友人から突然「職務経歴書を出そうと思っているんだけど、こんな感じでいいか見て」とメールが来て。たまたまテレビで見た会社に興味を持って調べたら、日本に上陸して間もない外資系のベンチャーで、自分が求めているポジションの求人もあったからというんですが……。今いるところもすごく良いところなので、そもそもなんで転職するの、本当にいいの?みたいなところから話しました(笑)。

すべての女性が転職を視野に入れているとは思わないし、正直、残る選択肢もあります。今は企業も、出産後の女性も残りやすいよう、女性が活躍しやすいように、頑張って変化しようとしてくれていますし、そのまま残ったとしても、昔ほど不幸ではありませんから(笑)。組織の中にも環境変化があって、キャリアとセットにした人生を考えた場合、女性にもいろんな選択肢がある世の中になってきていると思います。

アファーマティブ・アクションに戸惑う40代女性

【解説】アファーマティブ・アクション

アメリカにおいて、人種的なマイノリティや女性の差別是正のためにスタートした活動。差別を禁止するのみならず、差別されてきたグループに優先的な権利を与えることにより、差別的な現状の回復を図るまでに暫定的な積極措置をとることを認めたもの。日本では「ポジティブアクション」という言葉が使われることも多い。企業内の人事施策では、主に採用時や管理職昇格時に、人種・性別の格差を是正するために、マイノリティや女性の登用に数値目標を導入したり、優先的枠を設けたりする取り組みが行われている。

出典:リクルートワークス研究所「ワークス人事用語辞典」

――今、日本ではアファーマティブ・アクションで女性管理職を増やそうとしていますが、一方で管理職になりたがらない女性もいると聞きます。何がハードルになっているのでしょうか?

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。