ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が総合ALでも1位、トップ10に5タイトルが初登場

 今週の総合アルバムチャート“Hot Albums”は、BOYS AND MEN 『威風堂々~B.M.C.A.~』がCDセールスで大きく稼いだポイントを守り切り首位を獲得。これで、週間セールスアルバムチャート“Top Albums Sales”との2冠を達成した。1位の要因はなんといってもCDセールス。前作『Cheer up!』の2倍以上の約4.6万枚を原動力にして、2位以下を振り切った。ただ、ダウンロードやルックアップでのポイントの積み上げが弱く、ロングヒットの傾向は見られない。

 2位は、韓国ボーイズグループ2PMのメンバーJun. Kのソロアルバム『NO SHADOW』。こちらもCDセールスでのポイントが大きい。3度目の首位を狙っていたRADWIMPS『人間開花』は今週3位に。CDセールスとダウンロードのポイントは落ち着いてきたが、ルックアップで1位のポイントをあげており、まだまだ注目の作品だと言える。

 その他、5位のDISH//『召し上がれのガトリング』、7位・槇原敬之『Believer』、8位・氷川きよし『新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』が、初登場でトップ10内にチャートインを果たした。

◎【Hot Albums】トップ10
1位『威風堂々~B.M.C.A.~』BOYS AND MEN
2位『NO SHADOW』Jun. K
3位『人間開花』RADWIMPS
4位『Fantome』宇多田ヒカル
5位『召し上がれのガトリング』DISH//
6位『君の名は。』RADWIMPS
7位『Believer』 槇原敬之
8位『新・演歌名曲コレクション4 -きよしの日本全国 歌の渡り鳥-』氷川きよし
9位『YELLOW DANCER』星野源
10位『MADE SERIES』BIGBANG
※『Fantome』の「o」の正式表記はサーカムフレックス付き

関連記事リンク(外部サイト)

【ビルボード】BOYS AND MEN『威風堂々~B.M.C.A.~』が45,678枚を売り上げアルバム・セールス1位
【先ヨミ】ボイメン、氣志團提供楽曲&「ヤングマン」リアレンジver.を収録したALが現在トップ
BOYS AND MEN お台場にてリリイベ開催! 西城秀樹からボイメンに“ひとつアドバイス”!?

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。