体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

楽ラク収納[上] 片付けは完璧でなく小綺麗キープを目標に

楽ラク収納[上] 片付けは完璧でなく小綺麗キープを目標に

理想はいつ誰が来ても恥ずかしくないモデルルームのような家。だけど実は、理想像と現実のギャップに悶々(もんもん)としている人が大多数。そこで「整理整頓が苦手なのは当たり前、大雑把に片付けることが小綺麗を長続きさせるコツです」という女神様のような持論をお持ちの片付けのプロに教えを乞うことに。

片付けが苦手な人ほど、実は几帳面で真面目。もっとラクに考えよう

早速、都内の幼稚園で保護者向けに行われていたママさんたちに大好評という講演に潜入。講師は片付けアドバイザー・インテリアコーディネーターの小関祐加さん。会場はママさんたちの熱気でムンムン、皆さん片付かない家や子どものしつけが悩みの種だという。

セミナーは「家を出るとき、食卓の上に出しっ放しのものは?」「ギューギューの引き出しはありますか?」「2年以上着ていない洋服は?」などの質問から始まり、大多数の人が挙手。実は、テレビや雑誌で紹介される家のように整理整頓できる人は少数派なのだという。さらに、そのような家は撮影用に普段より美化されている可能性大。なぜなら小関さんも取材を受ける際、通常より少し綺麗にするし、さらにそのまま撮ってと言ってもカメラマンも見栄えを気にして並べ直す(笑)。そんな美化された家をお手本に、「見せる収納」「小物入れもオシャレなものでそろえる」「モノ別にラベリングして分類」なんて小手先だけを真似しようとするから、すぐにグチャグチャになるのは当然なのだ。

心理学を学んだ小関さんによると、片付けが苦手という人ほど、実は几帳面で真面目。百点満点を目指してきちんとしようとするあまり、頑張りすぎて長続きせず挫折。結果、苦手意識だけが残り、片付けを諦めるという悪循環を生んでしまう。実際片付けを依頼された家に行くと、必ず収納ノウハウ本が何冊もあり、知識はあるけど行動できないのが現実なのだという。

自分に合っていない収納術を形だけ真似しても長続きはしない。片付けを「やる」「やらない」の0(ゼロ)・100ではなく、合格ラインの70点を目標に、まずは行動すること。自分に合ってラクで長続きする片付け術とはどんなものなのか、ご自身の住まいを例に具体的に教えていただこう。

モノは出しっ放しにしない。しまう場所を決めて片付ける習慣を

早速小関さんのご自宅へ。通されたリビングは石や木の素材がふんだんに使われて重厚感あふれ、スッキリ綺麗に片付いたモデルルームのような大空間。もちろん床も机の上もスッキリ片付き、出しっ放しなし。見事に片付いているので、大雑把でいいとのことだったけれど、と若干不安になる。【画像1】左:重厚感あふれるご自宅リビング。私たち取材陣のためにコーヒーとケーキをご用意いただくまではテーブル上には何もなく、モデルルームのよう。右:子どもが小さいうちから片付けやすく家族がくつろげる環境を整えてほしいという思いから、かたづけmom(マム)を主宰する小関さん。ご自身の実体験に基づいた具体的かつ実行可能な講演がママさんたちに大好評(写真撮影/飯田照明)

【画像1】左:重厚感あふれるご自宅リビング。私たち取材陣のためにコーヒーとケーキをご用意いただくまではテーブル上には何もなく、モデルルームのよう。右:子どもが小さいうちから片付けやすく家族がくつろげる環境を整えてほしいという思いから、かたづけmom(マム)を主宰する小関さん。ご自身の実体験に基づいた具体的かつ実行可能な講演がママさんたちに大好評(写真撮影/飯田照明)

キッチンは白でまとめられた、清潔感あふれる空間。両側に収納スペースが豊富にあり、整然とした印象。雑然としがちなキッチンのはずが、ほとんどモノが目に入らない。だが実際にキッチンに立って視界が変わると、すぐ使うものは手元に出ている。収納扉を開けてどこに何が入っているか説明してもらうと、分かりやすく使いやすい場所にモノが収まっている。綺麗に片付いているのに、実に無駄がなく、機能的なのだ!【画像2】左:通路側から見たキッチン。白でまとめられ、家電ややかん以外はほとんど目に入らない。右:キッチンに入って通路側を見ると、実はいつも使うまな板、ゴミ箱、タオルなど細々したものが手元にあることが分かる(写真撮影/飯田照明)
1 2 3次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会