ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【米ビルボード・アルバム・チャート】J.コールが通算4作目のNo.1、ポスト・マローンのデビューALが初登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・アルバム・チャート】J.コールが通算4作目のNo.1、ポスト・マローンのデビューALが初登場

 J.コールの4thアルバム『4・ユア・アイズ・オンリー』が、初動枚数49万枚を獲得し、堂々の首位デビューを果たした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 No.1デビューを果たした前作『2014フォレスト・ヒルズ・ドライヴ』(2014年)から2年ぶり、通算4作目となる『4・ユア・アイズ・オンリー』。J.コールは、これで2011年リリースのデビュー作『コール・ワールド:ザ・サイドライン・ストーリー』から、4作全てが首位を獲得し、同時に、R&Bチャート、ラップ・チャートの3冠を、4作連続で制覇したことになる。

 J.コールは、アルバムの大ヒットとは対照的に、シングル曲のヒットは少ない。2011年に最高位13位をマークした「ワーク・アウト」などが代表曲として挙げられるが、誰もが知っている大ヒット曲とは言えない。しかし、先行シングルのプロモーションがなくても、アルバムは毎回大ヒットする。流行り云々ではなく、アルバム・アーティストとして人気がある証拠と言えるだろう。

 本作『4・ユア・アイズ・オンリー』からは、アルバムに収録されている全10曲が、今週のソング・チャートにランクインしていて、その中でも特に人気の高かった「デジャ・ヴュ」は7位に初登場し、自身初のTOP10入りを果たした。本作の実売(ダウンロード数)は36万枚だが、残り13万枚分は、全てストリーミング(視聴回数)として加算されたポイントということになる。昨今のチャートでは、このストリーミング・ポイントを稼ぐことができなければ、上位にランクインし続けることは難しい。

 6位に初登場したのは、今年「ホワイト・アイバーソン」が大ヒットを記録した、テキサス州出身の新星ラッパー、ポスト・マローンのデビュー・アルバム『ストーニー』。本作には、その「ホワイト・アイバーソン」や、ジャスティン・ビーバーをフィーチャリング・ゲストに迎えた「デジャ・ヴュ」など、4曲のヒット・シングルが収録されている。

 クリスマス・ウィークということもあり、2位に上昇したペンタトニックスの『ペンタトニックス・クリスマス』は、週間最高セールス15万枚を突破、前作『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』も、5位に浮上している。2011年リリースの、マイケル・ブーブレのホリデー・アルバム『クリスマス』は、再び9位にランクインし、その他にも、マライア・キャリーやガース・ブルックス、オムニバス盤など、クリスマス・アルバムが上位にランクインしている。

 また、ホリデー・シーズンに入り、興行収入を伸ばしているディズニー映画『モアナと伝説の海』のサントラ盤は、8位まで上昇。映画は、全米興行収入ランキングで、3週連続の首位を記録し、日本時間で2017年1月9日に開催される【第74回ゴールデングローブ賞】では、<最優秀長編アニメーション賞>、<最優秀主題歌賞>の2部門にノミネートしている。『アナと雪の女王』(2014年)に続き、日本での大ヒットも間違いなさそうだ。日本では、2017年3月10日に公開される。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、21日22時以降となります。

◎【Billboard 200】トップ10
1位『4・ユア・アイズ・オンリー』J.コール
2位『ペンタトニックス・クリスマス』ペンタトニックス
3位『スターボーイ』ザ・ウィークエンド
4位『24K・カラット』ブルーノ・マーズ
5位『ザッツ・クリスマス・トゥ・ミー』ペンタトニックス
6位『ストーニー』ポスト・マローン
7位『ハミルトン』サウンドトラック
8位『モアナと伝説の海』サウンドトラック
9位『クリスマス』マイケル・ブーブレ
10位『ブルー&ロンサム』ザ・ローリング・ストーンズ

関連記事リンク(外部サイト)

12月31日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
12月31日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
【米ビルボード・チャート】初登場のテイラー&ゼインが好記録、J.コールが4作目のALチャート首位(12/31付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。