ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが引き続き首位をキープ、ゼイン&テイラーのデュエットがTOP10入り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【米ビルボード・ソング・チャート】レイ・シュリマーが引き続き首位をキープ、ゼイン&テイラーのデュエットがTOP10入り

 下位とは僅差ながらも、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ feat.グッチ・メイン」が、6週目のNo.1を死守した、今週の米ビルボード・ソング・チャート。

 予想以上の大ヒットを記録している、レイ・シュリマーの「ブラック・ビートルズ」。本人たちにとっても、6週の首位獲得は想定外だろう。ただ、2位以下とのポイントは僅差に縮まっていて、新曲も続々とランクインしていることから、間もなく首位の座を奪われる可能性は高い。

 次期No.1候補として、今週、6位に初登場したのは、テイラー・スウィフトと元ワン・ダイレクションのゼイン・マリクによるデュエット・ソング、「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」。2017年2月10日公開予定の映画『フィフティ・シェイズ・ダーカー』のサウンドトラック収録曲で、12月9日に急遽配信が開始されると、iTunesのデジタル・チャートで首位を獲得、今週の米ビルボード・デジタル・チャート(ウィークリー)では、「ブラック・ビートルズ」に代わってNo.1をマークした。同曲のミュージック・ビデオは未だ公開されていないので、リリースされれば、ストリーミング・ポントの上昇により首位獲得も期待できる。

 ゼインと共に、ワン・ダイレクションのメンバーとして活躍していたルイ・トムリンソンも、いよいよソロ活動をスタートした。その第一弾シングルとなる「ジャスト・ホールド・オン」が、今週のソング・チャートで52位に初登場、UK(イギリス)チャートでは2位にデビューを果たすヒットを記録している。

 この曲は、日系アメリカ人のDJ/音楽プロデューサー、スティーヴ・アオキとのコラボ曲で、英オーディション番組『XファクターUK』に出演した際にパフォーマンスされ、大きな話題を呼んだ。この曲も、現在までにミュージック・ビデオやオーディオ・ビデオが公開されていないので、リリースされれば、さらにランクアップすることが予想される。

 今週のアルバム・チャートで、初動枚数50万枚近いセールスを叩き出し、4作連続のNo.1デビューを果たした、ラッパー、J.コールの新作『4・ユア・アイズ・オンリー』からは、アルバムに収録されている全10タイトルが、TOP100位内にランクインする快挙を成し遂げた。2016年では、ドレイクの『ヴューズ』(4月発売)や、ザ・ウィークエンドの『スターボーイ』(11月発売)も、アルバムに収録されている全タイトルが、HOT100チャートにランクインしている。

 これらは、アルバムの発売週に、収録されている楽曲が公式サイトなどで一気に視聴され、特に人気の高いナンバーは、シングル曲ではなくても、上位にランクインするという仕組み。今週7位に初登場した「デジャ・ヴュ」も、先行シングルとしてリリースされた曲ではないということが驚きだ。その他にも、11位に「イモータル」、13位に「ネイバーズ」がランクインするなど、J.コールの新作『4・ユア・アイズ・オンリー』の収録曲が上位を占めている。

 ストリーミング・ポイント(視聴回数)がチャートのポイントとして反映されるようになり、こういったチャート・アクションが度々見られるようになったが、これに関しては、シングル・チャート、アルバム・チャート共に、異論を唱えるチャート・マニアも多い。もはや、シングル曲やアルバムとしての、本来の意義が失われているからだ。

Text:本家一成

※関連リンク先の米ビルボード・チャートの掲載は、21日22時以降となります。

◎【Hot100】トップ10
1位「ブラック・ビートルズ」レイ・シュリマー feat.グッチ・メイン
2位「スターボーイ」ザ・ウィークエンド feat.ダフト・パンク
3位「クローサー」ザ・チェインスモーカーズ feat.ホールジー
4位「24K・マジック」ブルーノ・マーズ
5位「サイド・トゥ・サイド」アリアナ・グランデ feat.ニッキー・ミナージュ
6位「アイ・ドント・ワナ・リヴ・フォーエヴァー」ゼイン&テイラー・スウィフト
7位「デジャ・ヴ」J.コール
8位「ジュジュ・オン・ダット・ビート」ゼイ・ヒルフィガー&ゼイオン・マッコール
9位「レット・ミー・ラブ・ユー」DJスネイク feat.ジャスティン・ビーバー
10位「ドント・ワナ・ノウ」マルーン5 feat.ケンドリック・ラマー

関連記事リンク(外部サイト)

12月31日付 Billboard HOT 100 全米ソングチャート
12月31日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
【米ビルボード・チャート】初登場のテイラー&ゼインが好記録、J.コールが4作目のALチャート首位(12/31付)

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。