ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『12月21日はなんの日?』ロック界にも影響を与えたブルース・ギタリスト、アルバート・キングの命日

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『12月21日はなんの日?』ロック界にも影響を与えたブルース・ギタリスト、アルバート・キングの命日

 12月21日はブルース・ギタリスト、アルバート・キングの命日である。

 B.B.キング、フレディー・キングと並び、ブルース界の“スリー・キングス”のひとりとして知られるアルバート・キング。1950年代からブルース・ギタリストとして本格的に音楽活動をスタートさせ、1966年にスタックスと契約。トレード・マークであるフライングVから繰り出されるチョーキングを多用した独自のプレイスタイルで、多くのロック・ギタリストに影響を与えた。

 代表曲のひとつである「Born Under A Bad Sign(悪い星の下に)」(1967年)は、クリームやジミ・ヘンドリックスらにカバーされ、80年代にはRCサクセションによる日本語カバーもおこなわれたことから、ロック好きにとってもなじみのあるナンバーだろう。スタックス倒産後はいくつかのレーベルを渡り歩きながら、精力的にコンサート活動やレコーディングを続けていたが、1992年12月21日、心臓発作で帰らぬ人となった。享年69歳。死から約20年後の2013年にはロックの殿堂入りも果たしている。

関連記事リンク(外部サイト)

『12月20日はなんの日?』クリスマスまであと5日、ファミコン&ヒップホップ世代必見のザ・ルーツ×スーパーマリオ・セッション
『12月19日はなんの日?』クリスマス・ウィークに突入、リリース当時はチャート対象外だったマライア・キャリーのあの名曲
『12月18日はなんの日?』キース・リチャーズの誕生日、愛すべき永遠の“不良オヤジ”も73歳に

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。