ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ピコ太郎『徹子の部屋』で黒柳徹子と「PPAP“たまねぎバージョン”」コラボ&黒柳はオリジナル「PPPP」も披露

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ピコ太郎『徹子の部屋』で黒柳徹子と「PPAP“たまねぎバージョン”」コラボ&黒柳はオリジナル「PPPP」も披露

 今年、世界中を席巻したピコ太郎が、2016年12月23日に放送される『徹子の部屋』に初登場。黒柳徹子との奇跡のコラボレーションで、番組限定の「PPAP“たまねぎバージョン”」を披露した。

ピコ太郎×黒柳徹子 写真

 ピコ太郎の「PPAP」は、全米ビルボード・ソング・チャートのトップ100に入った「世界最短曲」としてギネス世界記録に認定されているが、一方、『徹子の部屋』は「同一の司会者による番組の最多放送回数記録」としてギネス世界記録に認定されている。この対極的な記録に、黒柳からは思わず「あなた40秒、私40年」と、驚きの言葉が。

 また、今回は黒柳徹子がパンダ衣装で、ヒョウ柄衣装のピコ太郎を歓迎したのだが、ピコ太郎はそんな黒柳にヒョウ柄のストールをプレゼント。“パンサー(ヒョウ柄)on パイソン(ヘビ柄)”のピコ太郎に、“パンサー on パンダ”の黒柳が相対する光景は、ピコ太郎いわく「野生の王国」。黒柳は「おもしろい!(笑)」と笑顔を見せる。

 そのほか「PPAP」誕生秘話から、「ギャグかと思った」というCNN(米)やBBC(英)など海外メディアから受けたオファーの実態、また今後の壮大な構想まで、ピコ太郎の謎に黒柳が迫る。さらに、ピコ太郎は「PPAP」を黒柳の前で披露。黒柳はパフォーマンスに見入り、鑑賞後は「うれしい! おかわいらしいー!!」とピコ太郎を大絶賛した。

 勢いに乗ったピコ太郎は、「オニオンペンができないかなぁ……」と、以前から考えていたという思い切った構想を、恐縮しながら黒柳に打診。すると黒柳は「いいですよ!」と一発快諾。また、黒柳は「自分で考えたのやっていいですか?」と、なんと「PPAP」ならぬ「PPPP」を披露。「稽古不足」と言いながらも、ピコ太郎にアンサーソングをプレゼントし驚かせる。

◎放送情報
『徹子の部屋』
2016年12月23日(金)正午~午後0:30

関連記事リンク(外部サイト)

ピコ太郎 インタビュー「ビルボードさん、大丈夫ですか?ちゃんと、計算合ってます??」
【先ヨミ】MYNAME日本4thアルバムが現在トップ、ピコ太郎『PPAP』は2位
AAA&ピコ太郎で2017年を幕開け! 日本郵便の年賀状キャンペーン「ミュージック年賀」スタート

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。