体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

水樹奈々がニューアルバム『NEOGENE CREATION』を全曲解説、試聴動画も公開

水樹奈々がニューアルバム『NEOGENE CREATION』を全曲解説、試聴動画も公開

 水樹奈々が、2016年12月21日にリリースしたニューアルバム『NEOGENE CREATION』の全曲試聴動画を公開。本人からの全曲解説コメントも届いた。

 約1年ぶり12枚目のアルバムとなる同作には、TVアニメ『この美術部には問題がある!』OPテーマ「STARTING NOW!」、スマートフォンゲーム『戦姫絶唱シンフォギア XD UNLIMITED』主題歌「UNLIMITED BEAT」、9月に行われた阪神甲子園球場ライブにて披露された新曲「STAND UP!」など全15曲を収録。アルバムについて、水樹は「これまでで一番時間をかけて作ることができた入魂の1枚です。毎回アルバムではバラエティに富んだ選曲がポイントになっていますが、今回はストレートなメロディ、メッセージ性の強い歌詞、どの歌詞が主役なのかハッキリと打ち出したアレンジによって、それぞれの個性が際立った破壊力のある作品に仕上がりました!」とコメントしている。

 また、初回限定盤には映像特典として、「絶対的幸福論」のミュージッククリップ、アルバムのレコーディングや撮影風景を追ったメイキング映像、甲子園ライブ成功を祈願して挑戦した富士登山の模様、そして2016年春にNHK四国で放送された『水樹奈々in 新居浜 のど自慢延長戦』のダイジェスト映像を収録。さらに、2017年4月2日に行われる【水樹奈々 出雲大社御奉納公演】のプレミア抽選シリアルナンバーが、初回限定盤および通常盤初回プレス分に封入される。

 そして、水樹本人による全曲レビューも届いている。

<『NEOGENE CREATION』全曲解説>
01.「めぐり逢うすべてに」
今の私の気持ちが描かれたバラードです。たくさんの出会いと経験があったからこそ今の自分がいる。夢が現実になり、その先の夢へ向かうたびに気づくこと、見つけるものがたくさんある。めぐり逢うすべてのものに感謝をしながら、一歩一歩全力で踏みしめて前へ進んでいきたいという想いを込めました。

02.「STAND UP!」
この曲に出会ったからこそ、このアルバムができた!と言っても過言ではありません。どんなことがあっても諦めず夢に向かっていくという歌詞が大好きな応援ソングです。阪神甲子園球場で初披露したことも忘れられません!

03.「Please Download」
デモテープに入っていた加工された仮ボーカルを聴いて、自分でもチャレンジしてみたい!と、初めてメインボーカルを加工した曲です。ライブでは可愛いダンスと共に披露したいです!

04.「ALONE ARROWS」
曲を聴いた瞬間、現状には満足していないけれど、自分一人では何もできないし…と、右へならえの生活を送っている主人公が、自分の望む道へ向けて一歩踏み出す決意をする姿を連想しました。スリリングなストリングスと歌詞の世界観がマッチした1曲です。

05.「TWIST&TIGER」
トリッキーでファンキーなメロディラインとアレンジがお気に入りの1曲です。明るく楽しい曲調に対して、反骨精神溢れる歌詞!たまりません!

06.「Rock Ride Riot」
サビが「Yeah…」で構成された、水樹曲の中では珍しいタイプの曲。キーもあえて低めに設定し、怠惰な雰囲気を強調しました。

07.「はつ恋」
2017年、年明けのツアー【LIVE ZIPANGU】のタイトルが決まった頃に届いた曲で、ぜひこれをこのツアーで歌いたい!と収録しました。タイトルからは想像もつかない濃厚な和ロックです(笑)。叶わない恋だからこそ終わらない、二人は永遠になる…歌詞がとても深くて大好きです。

08.「JEWEL」
曲を聴いた瞬間に瀬戸内海の風景が浮かんで…。私の故郷、愛媛県を想いながら歌詞を書きました。ノスタルジックな気持ちになる優しく温かいバラードです。

09.「UNLIMITED BEAT」
作曲の上松さんが、ルームランナーで心拍数を150まで上げながら制作した曲です(笑)。随所にコール&レスポンスできる部分があるので、ライブではぜひみなさん絶唱してください!

10.「WAKE UP THE SOULS」
アルバムに収録されている新曲の中で、一番最初にレコーディングした曲です。ゴリゴリのバンドサウンドがたまらない、勝負の前にぜひ聴いてもらいたい熱くパンチのある曲に仕上がっています。

11.「STARTING NOW!」
聴くだけで無条件で笑顔になれる曲。作った時はまさか飛行機(MUSIC CLIP)や恐竜(甲子園ライブの演出)に乗って歌うなんて想像もしていませんでした(笑)。

1 2次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。