体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気のNA、NBと同予算で、より新しいNCロードスターを手に入れろ!

▲安全性能やボディ剛性を高めるためにサイズが一回り大きくなったNCロードスター。しかし初代から続く“人馬一体”の乗り味は失われていません

▲安全性能やボディ剛性を高めるためにサイズが一回り大きくなったNCロードスター。しかし初代から続く“人馬一体”の乗り味は失われていません

人気のNAとNBは相場が上昇中

1989年9月1日に日本デビューしたマツダ 初代ロードスターはこれまでに3回のフルモデルチェンジを敢行。昨年デビューした現行型は4代目となります。車好きの間では型式を取ってNA(初代)、NB(2代目)、NC(3代目)、ND(4代目)と呼ばれているロードスター。デビュー以来“ライトウェイトFRオープン2シーター”というコンセプトがぶれることなく、独自の進化を続けてきました。

しかし登場から27年以上経過しているにも関わらず、NAロードスターの人気は衰える気配がありません。昨今のネオクラシックモデルのブームもあり、中古車相場は大きく上昇。平均価格は1年間で約20万円もアップしています。中には車両価格100万円以上するものも存在するから驚きです。

また、NA型ほどではないですが、人気面ではヘッドライトがリトラクタブルから固定式に変わりエンジンが1.6Lと1.8Lの2タイプ用意されたNBロードスターも負けていません。平均価格はNA型よりも安い約55万円ですが、長く横ばいだった相場が夏から上昇に転じています。

NA型、NB型の楽しさは決してパワフルではないエンジンを思い切り回し、1t前後の小さくて軽い車体を後ろからぐいぐい押して走らせることにあります。ハンドリングも素直で軽快。パワフルではない分シビアになる必要もなく、気楽にスポーツ走行を楽しめます。そしてショートストロークのMTは心地よくシフトチェンジが決まるのです。

▲世界に衝撃を与えた初代NAロードスター。パワーがない分、エンジンを思い切り回して走る楽しさがあり、現在でも人気が高いモデルです。2016年11月26日時点の流通量は約160台

▲世界に衝撃を与えた初代NAロードスター。パワーがない分、エンジンを思い切り回して走る楽しさがあり、現在でも人気が高いモデルです。2016年11月26日時点の流通量は約160台

▲NAロードスターを正常進化させたNBロードスター。ボディサイズはNA型とほぼ同じ。NAは前期型1.6L、後期型が1.8Lでしたが、NB型は1.6Lと1.8Lがあります。2016年11月26日時点の流通量は約330台

▲NAロードスターを正常進化させたNBロードスター。ボディサイズはNA型とほぼ同じ。NAは前期型1.6L、後期型が1.8Lでしたが、NB型は1.6Lと1.8Lがあります。2016年11月26日時点の流通量は約330台

ネオクラシックなNA・NBの裏で、相場が下がっている前期型NCがおいしい!

そんなNA型、NB型に比べると、NCロードスターはやや注目が低くなります。

その理由としてサイズアップを上げる人が多いですね。NC型は全幅が1720mmとなり3ナンバーサイズに。排気量は2LでNB型の1.6Lと比較すると最高出力が45ps、最大トルクが4.8kg-mも大きくなりました。ND型のエンジンが1.5LになりNA型やNB型に近づいたことを考えると、NC型は歴代ロードスターの中では異端の存在と言えるかもしれません。

11月26日時点でのNCロードスターの物件数は約360台。夏から相場が急激に下がり、平均価格が138万円にまで落ちています。2008年11月までの前期型にはスポーツグレードのRS、本革シートで高級感を高めたVSともに100万円以下がたくさんあります。つまりNA型やNB型と同じ予算で、それよりも新しいNC型に乗れるのですよ! 中古車っておもしろいですよね。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会