体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう

生活・趣味
描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう

従来のように「画用紙にペン」で絵を描くのと同じようにPCモニタに思いのままにスケッチしていく。今じゃこんなことも当たり前の時代、は数年前から到来していました。だけどまさか、2次元からそれが3次元の世界に移ろうとは。

お絵描きレベルじゃもう納まりきらない、大人もちゃんと楽しめるガジェットがあるんですね。

絵の中に広がる世界に触れる

描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう

これまでにも、内装デザインやインテリアの提案などにおいて、CGや3Dパースを用いたものはありました。けれど、もっと日常の場において「絵を描く」ような感覚で考えてみれば、まだまだ2次元が当たり前。

マイクロソフト社が今年10月に発表したSurface Studioは、タッチ&ペンに対応したクリエイター志向の新型Surface。そのアプリのひとつとして登場した「Mental Canvas」が、かなりヤバいんです。 

普通のタッチペン操作で絵を描いていくところまでは同じ。ところが、ひとたび画面をスワイプするだけで…ぐぐぐっ、と自分が描いた絵の中に入り込んでしまう!

と、うまいこと説明するのが難しいのですが、このGIFで動きをチェックすれば言わんとしていることが伝わるはず。描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう

どういうことかと言えば、Mental Canvasに2次元で描いた絵が、じつは裏側で自動的に3次元化されていて、描いた絵の中に奥行きが生まれ、“3Dの世界”がつくられている、という感じ。

さまざまな角度から色を塗っていったり、キャンバスに書き足していくことも可能です。

製図や図面を書く専門家たちのためだけでなく、従来のインターフェイスからさらにもう一歩踏み込み、ライトユーザー層でも楽しめる仕様となっている点に好感が持てます。

モニタに置いて使用する
ファンクションダイアル

描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう描いた絵の中に奥行きを生む「3Dキャンバスアプリ」が楽しそう
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会