体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

月20時間「副業OK」の理由とは?フューチャースピリッツの狙いと成果

f:id:tyo-press:20161216171207j:plain

サーバーのホスティングサービスを主力事業とするフューチャースピリッツ。2016年10月末に発表した、就業時間内に月20時間内に限り副業を認める「会社公認 働かない制度」が大きな話題を呼びました。

いま多くの企業が、制度面から働き方の改革を模索するなか、副業という大きなハードルに踏み切れたのはなぜなのか? その導入の背景や狙い、そして同社が目指す働き方について、代表の谷孝 大さんにお話を伺いました。

プロフィール:谷孝 大(たにたか だい)

1977年兵庫県生。1996年大阪大学工学部に入学後、フューチャースピリッツを個人事業として創業、2001年株式会社フューチャースピリッツに改組。 サーバーホスティング事業を中心に、クラウドサービス事業、Webプロデュース事業を行う。2010年に中国の企業と資本提携、その後、マレーシア、タイにて現地法人を合弁で設立し、海外での事業展開を拡大中。

【解説:副業について】

「複業」あるいは「パラレルキャリア」などとも言う、本業以外に収益源を持つ働き方。 「平成26年度 兼業・副業に係る取組み実態調査事業報告書」(経済産業省)によると、副業を認めていない企業は85.3%、推進していないが容認している企業は14.7%、推進している企業は0.0%とされる。

社外活動を通して、新たなビジネス誕生を期待

——まずは、「会社公認 働かない制度」導入の背景を教えてください。

f:id:tyo-press:20161216162227j:plain▲株式会社フューチャースピリッツ代表取締役・谷孝 大氏

この制度は「副業解禁」として大きく取り上げられましたが、本来の目的は社員が月間で最大20時間を「自由に使える」という点です。会社側でも研修制度を用意しているのですが、社員自身も業務という枠にとらわれず、社外ネットワークで自由に活動してほしい。そして社員一人ひとりがスキルや人間力を上げていってほしいと考えています。

もともと弊社には個性的なメンバーが多く、ライター業やブログのアフィリエイト等、入社当初から社外活動をしている社員が多く在籍していました。従来までは個別に許可していたのですが、社員からの要望もあったので正式に制度として導入した、という経緯です。

——導入後、社員のパフォーマンスに変化はありましたか?

制度を導入したのが今年(2016年)6月ということもあり、まだ目に見える大きな変化はありませんが、今後長期的に取り組んでいくつもりですので今は何とも言えません。ただ現在、社員66名中約10名から制度の利用申請が来ているので、出だしは悪くないという感触です。また副次的な効果として「会社公認 働かない制度」に興味を持って弊社に応募してくる方が増えた印象があります。

改善点についてもまだ検討中ですが、「制度を利用している社員は何をしているのか」ということを他の社員にも共有するような仕組み作りを今後進め、「他のメンバーはこの制度を活用してこういうことをしている」「こんなこともやっていいんだ」ということを、もっと社内に周知していきたいです。そしてゆくゆくは、「会社公認 働かない制度」で得た知識やノウハウを共有しあい、数人で社内外プロジェクトに取り組むのもアリです。そこから新たなビジネスが生まれてくることを期待しています。

また今回この制度を導入するにあたり、人事部で就業規則や規定に関する議論もありましたが、結論から申しますと就業規則は全く変えていません。申請のフォーマットも「何をするのか」「それによる収入はあるのか」のみのシンプルな内容にしています。上長や私の許可は必要ですが、制度利用のハードルはとても低く設定しているつもりです。そのほか、起きうる問題について議論をしたらキリがないと思いますが、この先大きな問題が発生したら見直すつもりでいます。また、今のところこのスタイルで支障はありませんね。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会