ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

トランプ支持者が反対派の男性をいきなりパンチ!→法廷でハグをして和解

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
トランプ支持者が反対派の男性をいきなりパンチ!→法廷でハグをして和解

今年3月に、米次期大統領ドナルド・トランプ氏の反対派の男性が同氏の支持者に殴られた事件で、12月14日、両者が出廷した。
しかし今回、2人のやり取りは断然平和的になったと米紙『The Washington Post』が報じている。

その2人、反対派のラキーム・ジョーンズ氏と支持者のジョン・フランクリン・マグローは、どうやら国内の不和を解決することが重要という点で同意に至ったようで、何と法廷でハグをしたのだ。

地元テレビ局WRALによれば、マグローは、約9カ月前にノースカロライナ州フェイエットビルで開かれたトランプ氏の集会で、退場を案内されていたジョーンズ氏を殴り、裁判を受けることになったという。

事件後にネットニュース『Inside Edition』が公開した動画では、マグローは自身の行為を擁護し、ジョーンズ氏が殴られたのは「当然」だと主張。さらに、「次に会った時は殺すことになるかもしれない。誰かは知らないが、テロ組織の一員かもしれない」とも述べていた。

14日の判決の際、マグローはジョーンズ氏に対する態度を大幅に和らげ、同氏に対し「私たちは今、政治的な混乱に巻き込まれている。君と私、私たちは国内の不和を解決しなければならない」と述べた。そして2人は握手をし、抱き合ったのだ。

米紙『New York Daily News』は、「マグローは、治安紊乱行為と脅迫暴行の軽罪について異議はないと認め、30日間の執行猶予と、12カ月間の保護観察官の付かない保護観察を言い渡された」と報じている。

■参照リンク
http://www.aol.com/

関連記事リンク(外部サイト)

明石家さんまの神すぎるファン対応が「カッコよすぎる」と話題に
明石家さんまがタモリの仕事スタイルを語る 「羨ましい時がある。俺には出来ない」
井筒和幸監督、映画『ゴッドファーザー』を語る 「つまらない映画を何回観ても役立たない。『ゴッドファーザー』は価値観そのものが変わる」【前編】
矢沢永吉が名言連発する日産CM『やっちゃえNISSAN』がカッコよすぎると話題に 「やりたいことやっちゃう人生のほうが、間違いなく面白い」
LINEアイコンを自分の顔写真にしてもモテない?男心をくすぐる「男盛アイコン」とは

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。