ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

東京パフォーマンスドール 怒涛の2016年~大勝負の2017年へ「TPDを好きになってもらえるよう真剣に取り組んでいきたい」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
東京パフォーマンスドール 怒涛の2016年~大勝負の2017年へ「TPDを好きになってもらえるよう真剣に取り組んでいきたい」

 2013年の新生後、総合芸術とも言えるエンターテインメントショー、涙を誘うほどのエモーショナルなノンストップライブを展開してきた東京パフォーマンスドール(以下TPD)。過去最も話題豊富であった怒涛の2016年を駆け抜け、まもなく大勝負の2017年を迎える。

東京パフォーマンスドール キュートなライブ写真一覧

<浅倉大介書き下ろしの新曲~光の三原色体現~いよいよ海外へ>

 2016年のTPDは、浅倉大介書き下ろしのシングル曲「逆光×礼賛」という新たなキラーチューンと共にスタート(http://bit.ly/2hO5dtd)。先代TPDの代表曲を小室哲哉が手掛けていたことから、師弟関係にある浅倉大介の新生TPDへの楽曲提供は注目を集め、その一度聴いたら耳から離れないキャッチーなエレクトロサウンドやボーカルリレーは、今や彼女たちのライブにおいて欠かせないものとなっている。また、同時期に【東京パフォーマンスドール ダンスサミットネイキッドSP2016 ~R・G・B~@Zepp DiverCITY TOKYO】(http://bit.ly/1WN2IVr)と題し、2月19日19時~REDステージ、20日13時~GREENステージ、同日18時半~BLUEステージと、セットリストもコンセプトも演出も異なる3公演を用意。個々のパフォーマンススキルをひたすらに鍛え上げてきた【ダンスサミットネイキッド】シリーズの成果として光の三原色を体現し、その表現の振り幅は無限大に広がっていくことを証明してみせた。

 事実、ゴールデンウィークの期間中に連日開催した【東京パフォーマンスドール ダンスサミットネイキッド2016GW@シブゲキ!!】(http://bit.ly/2hlblrK)では、ひとりの女の子の人生の各場面と楽曲の世界観を重ね合わせながらパフォーマンスしたり、笑いと発汗の絶えないジム“ぴょんぴょんセブンブロッサム”なるコンセプトまで立ち上げたり、これまでのイメージを超越する展開でファンを圧巻。その直後には、NHKのキャラクター・どーもくんとの新ユニット“東京パフォーマンスどーも”を結成(http://bit.ly/2hTXDgx)し、NHK WORLDとのコラボ曲「Domobics -どーもびくす-」を発表、彼女たちは活動の場を海外へも広げ始めた。元々メンバー9人が持ち合わせている明るくキュートなキャラクター、そして世界中の老若男女が楽しめるであろうポップなサウンドアプローチは、国内外各所で今日まで多くの笑顔を生んでいる。

<結成3周年公演~篠原涼子の名曲継承~初のアメリカ進出にドラマ主題歌>

 6月19日に結成3周年を迎えると、品川ステラボールにて【東京パフォーマンスドール 3rd Anniversary ダンスサミットネイキッドSP!!】(http://bit.ly/2brzbB2)を開催。「先代のTPDが立った武道館に、この9人で絶対に立ちたいです!」と誓い、自身と上西星来のみバックダンサーで出演したことのあるNHK『紅白歌合戦』にTPDとして出ると約束し、「夢の叶う未来で、流す涙がいつになるかわかりませんが、これからも頑張っていきます」と「DREAMIN’」を披露していたが、この日を境にTPDの活動はさらにヒートアップしていく。初代TPD・篠原涼子「恋しさと せつなさと 心強さと」継承アクト(http://bit.ly/2bepbuZ)と合わせて「TPDが今まで培ってきたライブシリーズをより進化させ、より攻撃的に、より華やかに、より美しく、夢に向かって突き進んでいく9人のドリームチームへ!」と銘打った新シリーズ【DANCE SUMMIT DREAM CRUSADERS】の開幕を宣言。初のアメリカ進出(http://bit.ly/2aRwae8)も果たし、ドラマ『でぶせん』で初のドラマ主題歌も担当(http://bit.ly/2hP2Fxi)と劇的に状況が好転していく。

 新章幕開けとなる9月16日【東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”】渋谷TSUTAYA O-EAST公演(http://bit.ly/2cZl34x)では、これまでにないスタイルを起用。無機質なパイプと思われたセットが光で時刻やメッセージやカラーを綴ったり、クルセイダーズのイメージを取り入れたと思われる装束に身を纏い「TPD DREAM CRUSADERS」の文字と翼が刻まれたフラッグを掲げたりと、メンバーはもちろん、チーム全体からこの新シリーズに懸ける想いが強く感じられる内容となっていた。そして、2017年1月18日に待望の1stフルアルバムをリリースすること、3月26日に“アイドルの聖地”中野サンプラザでワンマンライブを開催することを発表。結成当初からの目標である日本武道館や横浜アリーナ、その先へと突き進む為の大きな一歩を踏み出すこととなった。

<メンバー間やファンとの絆……夢へ立ち向かっていく為の重要な燃料>

 本人たちも中野サンプラザを満席にしたいと意気込んでいたが、それを達成するべくチームTPDは絶え間なく奔走中。1stアルバム『WE ARE TPD』が先代TPD曲のRearranged ver.含め3年間の活動を網羅した衝撃作であることを発表すると、その直後に東名阪ツアーをスタート、合わせて1stフルアルバム『WE ARE TPD』発売決定イベントも各所で敢行中だ。

 11月6日【東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”】新宿BLAZE公演では、9人のクルセイダーが旗を掲げながら、どんなに傷ついたとしても夢を掴んでみせるという、TPDの覚悟を感じさせるフレーズたちがドラマティックに突き刺さるアンセム的楽曲「Stay Gold」から始まり、その冒頭からメンバーもオーディエンスも尋常じゃないテンションで熱狂。同シリーズ幕開け公演から僅か2か月足らずで、各々が明らかな成長を感じさせるパフォーマンスを展開し、大勝負となる2017年へ高い熱量で邁進していることをビシバシ体感させる。それはリーダー・高嶋菜七が真剣な眼差しで語った「私たち東京パフォーマンスドール最大規模となります、中野サンプラザでのワンマンライブも決定しております。やるって簡単に言えるもんなんですけど、やるからにはたくさんTPDが好きで、TPDが観たいという方に集まってほしくて、そういう方が集まって中野サンプラザの赤いイスを見えないようにしたいんですね。本当にそういう気持ちが強いので、この与えられた3月までの期間中、私たちの出来ることを全力でやって、たくさんの人にTPDを好きになってもらえるよう真剣に取り組んでいきたいと思います」というメッセージからも強く感じ取れた。

 また、本編終了後には、17歳最後のライブだった小林晏夕への生誕コーナーも。同コーナーはメンバーの夢をひとつ叶えるのが恒例となっているのだが、晏夕だけが何故かステージに出てこない。すると、そこに突然「RUBY CHASE -Rearranged ver.-」のイントロダクションが流れ出し、彼女はまさかのショートカット姿で登場! 8人の親愛なるメンバーたちを従えて嬉しそうに歌い踊っていく。曲が終わると途端に恥ずかしがりながらも「私の夢は生まれてからずっとロングへアーで生きてきたので、ショートカットになって歌って踊ることでーす!」と、今のパフォーマンスが夢を叶えた瞬間であったことを説明。また、同曲は自身が初めてメインボーカルとして初ワンマンのときに披露した曲であり、それをメンバーみんなとパフォーマンスしたかった旨も告げ、ファンのみんなからのバースデープレゼントや「HAPPY BIRTHDAY TO YOU」も飛び出したりと、会場はアットホームな空気に包まれた。「学生生活最後の誕生日を大好きな皆さんと過ごせて心から嬉しいです。改めて東京パフォーマンスドールの小林晏夕で、ここにいて良かったなって思いました!」こうしたメンバー間やファンとの無邪気で愛ある関係性もTPDの魅力。この先、巨大な夢へ立ち向かっていく上での重要な燃料となっていくことだろう。

<9人の夢を結実させていく為の分岐点=「大勝負の年」>

 なお、東京パフォーマンスドールは、年末年始から1stアルバム『WE ARE TPD』発売タイミングにかけて各所でリリースイベントを行いつつ、2017年1月14日(土)TSUTAYA O-EAST、2月26日(日)恵比寿リキッドルーム、3月12日(日)名古屋ダイアモンドホール、3月17日(金)大阪BIG CAT、3月26日(日)中野サンプラザと駆け抜けていく。これまでも毎年が「勝負の年」であった彼女たちだが、2017年は9人の夢を結実させていく為の分岐点=「大勝負の年」となる。9人の気持ちが重なった瞬間に放たれる爆発的な輝き、多くのオーディエンスを涙させてきた圧倒的にポジティブな力。2017年、その目と耳と心で直接体感してみてほしい。 

取材&テキスト:平賀哲雄
撮影:Jumpei Yamada

◎ライブ【東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”~錨を上げろ!進化の海を進め!~】
2016年11月6日(日)新宿BLAZE セットリスト:
01.Stay Gold
02.東京ハッカーズ・ナイトグルーヴ -Rearranged ver.-
03.La La Flags!
04.SURVIVAL!!
05.DREAM TRIGGER
06.BE BORN -Rearranged ver.-
07.Darlin’ [高嶋菜七+浜崎香帆、脇あかり、小林晏夕、橘二葉]
08.TIME
09.MY UNIVERSE
10.恋しさと せつなさと 心強さと -Rearranged ver.-
11.果実 [上西星来、脇あかり]
12.HEART WAVES
13.FREEDOM
14.SLASH DANCE -Rearranged ver.-
15.Swimmy [小林晏夕+浜崎香帆、脇あかり]
16.It’s Up To Me
17.純愛カオス
18.逆光×礼賛
19.BRAND NEW STORY
20.PEOPLE
En1.ダイヤモンドは傷つかない -Rearranged ver.-
En2.RAISE YOUR HANDS

◎1stアルバム『WE ARE TPD』
2017/01/18 RELEASE
[初回生産限定盤A(CD+Blu-ray)]ESCL-4790~1 / 4,630円(tax out)
[初回生産限定盤B(2CD)]ESCL- 4792~3 / 4,167円(tax out)
[初回生産限定盤C(2CD)]ESCL-4794~5 / 4,167円(tax out)
[通常盤(CD)]ESCL-4796 / 2,778円(tax out)※初回仕様あり
[期間生産限定盤(CD)]ESCL-4797 / 2,315円(tax out)※2017年8月末まで
<初回生産限定盤A/B/C/初回仕様通常盤 封入特典>
・TPDプレミアム特典応募券
・オリジナルトレーディングカード(全30種のうち2枚をランダム封入)

◎ライブ【東京パフォーマンスドール ダンスサミット“DREAM CRUSADERS”】
2017年01月14日(土)TSUTAYA O-EAST(東京)
2017年02月26日(日)恵比寿リキッドルーム(東京)
2017年03月12日(日)名古屋ダイアモンドホール 
2017年03月17日(金)大阪BIG CAT
2017年03月26日(日)中野サンプラザ(東京)

関連記事リンク(外部サイト)

東京パフォーマンスドール BABYMETALも手掛けた伊達めぐみによるナポレオンジャケット! 1stアルバムジャケ写公開
東京パフォーマンスドール 全50曲収録の1stアルバム『WE ARE TPD』2017年1月リリース
古坂大魔王プロデュース・ピコ太郎 「PPAP」を生披露! LiSAもTPDも感激して絶叫

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。