体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドラマ化白紙作品!?「帯のない新刊」となった『あいの結婚相談所』読んでみた

エンタメ
ドラマ化白紙作品!?「帯のない新刊」となった『あいの結婚相談所』読んでみた

 結婚相談所を舞台とした異色ミステリー『あいの結婚相談所』(原作:加藤山羊 作画:矢樹純)。元動物行動学の准教授で奇々怪々な主人公・藍野真伍がヒトと動物の行動を比較しつつ結婚相談に応じ成婚に導いていくという1話完結の物語です。

 藍野は小さいと言えど一結婚相談所の所長ですが、それらしからぬ発言や行動は癖になると読者からも好評なんだとか。他とは違い成婚率が100%、入会金が200万円という何もかも破格な結婚相談所ですが、藍野所長自身が幅広い知識と経験を武器に凄腕カウンセラーとして活躍し、相談に訪れる婚活中の人々の希望を叶えていきます。

【関連:こちらはボツから出版までこぎつけた作品→『機械人形ナナミちゃん』】

■3巻発売の切ない経緯が4コマに ドラマ化ほぼ確実→白紙→3巻帯無しが決定するまで

 『あいの結婚相談所』は原作者である加藤山羊さんが公式Twitterにて3巻発売までの経緯を漫画「帯のない新刊ができるまで」として配信しており、それがネットで話題になっていました。あまりに切ないと……。
作者自らまとめたtogetterは17万view突破

作者自らまとめたtogetterは17万view突破

 そもそも『あいの結婚相談所』は連載をしていた小学館『ビックコミックオリジナル増刊号』でのアンケートで上位3位に入るほど好評だったそうですが、いかんせん単行本が売れていないという苦しい状況ゆえに2巻が決まった時点で2巻が売れない限りは3巻は難しいと言い渡されてしまったそうです。 そんな中、テレビ局直々にドラマ化のオファーが。ほぼ確定となっていたところ、何の因果か編成局の局長が異動になってしまい、新しくやってきた局長の方針でドラマ化の話が全て白紙に戻ってしまったのでした。

 そんな状況の中、3巻を出すのは出版社としても赤字でしかないはずでしたが、今回のことで作者2人に迷惑をかけたことを理由に赤字覚悟ながら「帯なし」という条件のもと発売されることになったそうです。

■読んでみた

 「話題になっているのなら、とりあえずは読んでみよう」というのが編集部のスタンスです。おもしろくなければ容赦なくボツネタに。ネットメディアというとなんでもかんでも手当たり次第と思われるかもしれませんが、意外とまじめに記事作りを行っているのです。グルメのつくってみたしかり、編集部はボツネタの山だったりします。

 そんな訳で編集部のネタ会議を経て今回も読んでみようということに。それでおもしろいのなら記事に、面白くないのなら記事にはしないことを条件にシビアな目で読んでみたところ、主人公の奇っ怪なキャラクターと一筋縄ではいかないミステリー調の物語が非常におもしろく、たしかにドラマ向きでもあると感じたのでした。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会