ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

祝! 牡蠣小屋解禁!! サブメニューも充実でまるでカフェ【福岡・糸島】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:mesitsu_lb:20161119141029j:plain

いよいよ、牡蠣の季節到来!

福岡の冬の風物詩と言えば、牡蠣小屋でしょう。ということで早速糸島の岐志に行ってきました~!

f:id:mesitsu_lb:20161119141033j:plain

今回お邪魔したのは、「みるくがき豊久丸」です。

今まで、牡蠣小屋と言えば、牡蠣をひたすら焼いて食す! と思っていた私ですが、以前、こちらに別の仕事でうかがった時に、サブメニューの充実っぷりに感動しまして、『メシ通』でも取材させていただきました。

f:id:mesitsu_lb:20161119141036j:plain

こちら店内です。炭で牡蠣を焼くスタイル。

なんだか、ワクワクしてきますね。イベント感半端ないです(ちなみに木の椅子は、座る部分を開けると荷物入れになっている優れものです。場所をとらない上に汚れない!)。

f:id:mesitsu_lb:20161119141039j:plain

メニューはこちら。見てください! アヒージョとか、サブメニューが充実しています。

なんと、豊久丸では、その日によって目玉商品があり……。

今日はブリカマが100円という驚きの価格に! 安っ!!

というわけで、通常の牡蠣小屋ではあまりお目にかからなさそうなメニューを注文しました。

f:id:mesitsu_lb:20161119141042j:plain

まずは、本日の目玉商品! 「ブリカマ 100円」

スタッフの方がバーナーでほどよくこんがり炙ってくれるんですよ。

見るからにうまそう~。うまくないわけがない~。

f:id:mesitsu_lb:20161119141044j:plain

プリプリで厚みがあって、うまい! たまりません!

漁師さんが直送してくれるそう。

スーパーで買ったら500円以上するであろう大物です。

何でも目玉商品は採算度外視! 仕入れ値の方が高いらしいです。

どんな目玉商品があるかは、お店に行ったその日のお楽しみですね。

f:id:mesitsu_lb:20161119141047j:plain

お次は、「牡蠣のアヒージョ(パン付) 980円」

アヒージョがあるだけでなんかオシャレですね。

牡蠣が入って、ニンニクも、トマトもたっぷりのぜいたくな内容。

私のてのひらほどの大きさはあるので、割と大きいです。何人かでシェアできます。

f:id:mesitsu_lb:20161119141107j:plain

待つこと数分……。

火力が強いので、あっという間にいい感じに。良い香り。

f:id:mesitsu_lb:20161119141112j:plain

ちょっぴり炙ったトーストにオンすれば……。

豪華アヒージョの出来上がりです!

トマトもとてもフレッシュで、牡蠣ものっているなんて、カフェでもなかなかココまで

豪華なアヒージョは少ないのでは?

f:id:mesitsu_lb:20161119141114j:plain

牡蠣のエキスが出ていて、オイルにパンを浸すだけでも超うまいです。

アルコールもワインもあるし、最高ですよ。

あっという間に完食しました。(1人でも好きな人なら完食です。)

f:id:mesitsu_lb:20161119141116j:plain

お次は焼牡蠣です。写真はチーズ/マヨネーズ/バジル焼(1種類につき 5個 500円)

他にも、ガーリックバター/甘口味噌/すりちゃら焼き(1種類につき 5個 600円)

(通常の牡蠣もあり 1Kg 1,000円)トッピングでいただきます!

オシャレ牡蠣三兄弟! それぞれたっぷり乗っていて絶対うまい……。

f:id:mesitsu_lb:20161119141119j:plain

マヨネーズがじゅわ~と。うまいっす。

f:id:mesitsu_lb:20161119141122j:plain

チーズがとろ~り、間違いないですよね。こちらもうまい。

f:id:mesitsu_lb:20161119141126j:plain

でもやっぱりバジルが1番好きだな~。たまりません。

何もかけずに、牡蠣だけでいただいてもうまいです。でもトッピングもうまいです。

飽きないですよね~。

f:id:mesitsu_lb:20161119141129j:plain

〆は「カキ飯握りのとろ~りあんかけ 380円」

優しいあんかけと、たっぷりねぎと一緒に。

よくお店ででるのは、上に乗っているだけだったりしますが、

ちゃんとご飯からも時々、牡蠣が顔を出します。

f:id:mesitsu_lb:20161119141131j:plain

食べ応え抜群。あんに牡蠣が絡んで、ほっとする味です。

〆まで牡蠣をいただけるなんて、本当幸せ。

牡蠣、もう食べました? 牡蠣小屋で食べるエンターテイメント感はたまりませんよ。

牡蠣、めちゃうまなのでぜひ行ってみてください!

いろいろ対応してくださった亜由美さん、ありがとうございました!

うまくて、楽しくて最高でした。次行った時の目玉は何かな~。

f:id:mesitsu_lb:20161119141135j:plain

牡蠣小屋がずらりと並ぶ岐志。各お店でそれぞれ個性の違うメニュー。

f:id:mesitsu_lb:20161119141139j:plain

ホタテのバター焼き! レモンスライス!

ドリンクも、生、ワイン、ハイボールなど各種楽しめるのはうれしいですね。

f:id:mesitsu_lb:20161119141142j:plain

小上がりの席まであります~。

f:id:mesitsu_lb:20161119141145j:plain

気分を盛り上げてくれる牡蠣小屋ジャンパー! 牡蠣の水分がパチパチ飛ぶこともあるので着ていると安心です。

お店情報

みるくがき豊久丸

住所:福岡県糸島市志摩岐志778-5(岐志漁港内)

電話番号: 090-1975-2915

営業時間: 10:00~17:00(16:00入りまで)

期間:10月下旬~3月上旬迄

休日:不定休

ウェブサイト:糸島 牡蠣小屋|みるくがき 豊久丸

※金額はすべて消費税込です。

※本記事の情報は取材時点のものであり、情報の正確性を保証するものではございません。最新情報はお電話等で直接取材先へご確認ください。

書いた人:安藤エリカ

安藤エリカ

福岡県出身。1984年生まれ。地元情報誌の制作や編集を経て、ライターに。飲食店に行くことの楽しみは、美味しい料理と雰囲気。お酒も大好きです。

過去記事も読む

関連記事リンク(外部サイト)

大名の人気料亭が作る、ぜいたく肉まんとは?【福岡】
カノジョとつくる満腹レシピ! 料理研究家 Yuu*の「豚コマともやしのオイスターソース炒め」
出張ビジネスマン必見! 福岡の朝は「ホテル イル・パラッツォ」の手作り九州料理でパワー充填!【福岡・春吉】

カテゴリー : グルメ タグ :
メシ通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。