ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

三代目 J Soul Brothersの新曲「Happy?」が約3年振りのドラマ主題歌に決定

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEが2017年3月8日(水)にリリースする最新曲「Happy?」が日本テレビ系土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の主題歌に起用される事が決定した。
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE (okmusic UP's)
このドラマは、藤子・F・不二雄氏が唯一連載(1977~78年)した大人ヒーロー物語。日本テレビの連続ドラマは初出演となる堤真一氏が演じるパッとしない中年サラリーマン・左江内(さえない)が、謎の男からスーパースーツを受け取り、しぶしぶ世界の平和を守ることになる、というストーリー。

そんな気になる日本テレビ系土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の主題歌に起用された「Happy?」は、なんと三代目JSBとして約3年ぶりとなるドラマ主題歌。三代目JSBのボーカル・今市隆二と作詞家小竹正人氏が作詞を担当しており、悩み事や心に秘めているネガティヴなことを全て取っ払って、一緒に楽しみながら幸せに、そして未来を切り開いていこうという想いが込められており、ポジティブな楽曲に仕上がったという。

現在、全国ドームツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2016 – 2017 “METROPOLIZ”』を敢行している三代目JSB。今回の日テレ系土曜ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』への主題歌起用も受け、三代目JSB旋風はより一層の盛り上がりを見せること間違いないだろう。

【各関係者よりコメント】
■今市隆二(三代目 J Soul Brothers)

今回「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌に新曲「Happy?」を起用して頂き心から嬉しく思います。この楽曲がドラマとしっかりリンクして多くの方々に届いてくれることを願ってます。悩み事だったり心に秘めているネガティヴなことを全て取っ払って、一緒に楽しみながら幸せになろう、未来を切り開いていこうという想いを込めて、作詞家の小竹正人さんと一緒に歌詞を書かせて頂きました。とてもポジティブな楽曲ですし、コールアンドレスポンスや歌って頂くパートもありますのでオーディエンスの方々と一緒にこの楽曲を作り上げていきたいです。

■堤真一

これが今の時代の曲なんだな、と。 おじさんには正直わからない部分もあるけど、かっこいいダンスナンバーだと思います。福田監督に「エンディングで踊ってほしい」と言われて、今、不安でいっぱいです(笑)

■ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』プロデューサー

今回、日テレの土曜9時に新しい風を吹かせたくて、福田雄一さんに脚本演出をお願いしました。福田さんは面白さの追求に余念がなく、常に新しいものに挑戦される方だと感じています。だからこそ、ドラマの顔となる主題歌も、新たな試みを続ける先駆者、三代目J Soul Brothersさんにお願いしたいと考えました。出来上がった曲をドラマの映像に合わせて聴いた時、この組み合わせは最強過ぎるな、と改めて実感しました。福田さんの生み出す笑いと、三代目(JSB)のかっこいいダンスナンバーのギャップが際立ち、それでいて、困難に立ち向かう主人公・左江内さんの勇姿は、三代目(JSB)の雄雄しさに通じます。キャスティングも含めて贅沢づくしのドラマになってしまいました。

シングル「Happy?」
2017年3月8日発売

【CD+DVD】

RZCD-86294/B/¥1,944(税込)

<収録曲>

■DISC-1 CD

01 Happy?

※日本テレビ系 新・連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌

02 J.S.B. LOVE

03 Happy? (Instrumental)

04 J.S.B. LOVE (Instrumental)

■DISC-2 DVD

Happy? (Music Video)

【CDシングル】

RZCD-86295/¥1,080(税込)

<収録曲>

01 Happy?

※日本テレビ系 新・連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」主題歌

02 J.S.B. LOVE

03 Happy? (Instrumental)

04 J.S.B. LOVE (Instrumental)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。