体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

軽なのに200万円!? N-ONE モデューロXの乗り味はいかに【N-ONE編・東京スマート軽ライフ】

自動車ライター、塩見智さんが軽自動車に約1ヵ月間乗り、東京での軽ライフをリポートする「東京スマート軽ライフ」。高級車が溢れる東京での軽ライフを赤裸々につづっていく。今回はN-ONE編の第2回。

▲前回の記事で乗っていたのは左の青いN-ONE。今回は右の白のN-ONE モデューロXでの生活をお届けする

▲前回の記事で乗っていたのは左の青いN-ONE。今回は右の白のN-ONE モデューロXでの生活をお届けする

N-ONEに手が加えられたモデューロXは抜群の乗り心地

ホンダアクセスは「モデューロ」ブランドでホンダ車の様々なカスタマイズパーツを手がけているが、それらを理想的に組み合わせたコンプリートカーも提案、ホンダ・ディーラーで販売している。N-ONE モデューロXはその名のとおり、N-ONEのコンプリートカー。189万8000円という価格だけを聞くと「軽自動車に約190万円!?」と驚くが、カスタマイズ内容を聞き、実際に走らせてみると、これもアリかもなと思えてくる。1週間テストしてみて、190万円で買うことができる精いっぱいのサイズやクラスの車を買うのと同価格の軽自動車では、どちらが満足感が高いかということについてけっこう考えさせられた。

N-ONE モデューロXには多くのカスタマイズが施されている。ヘッドランプが陣地を拡大したフロントグリルに吸収されたように見えるフロントマスクは、専用フロントエアロバンパー装着によるもの。他にも、ディフューザー形状の専用リアエアロバンパー、専用リアエンブレムと専用デザインマフラーなどが備わる。ボディカラーは7種の2トーンが設定される。インテリアも特別。本革巻ステアリングホイールや本革巻セレクトレバーが備わる他、黒地に赤のプライムスムース(レザー調素材)&トリコットコンビシート、専用カーボン調インテリアパネルなど、多くの専用アイテムが装備される。

▲専用フロントエアロバンパー装着により、フロントマスクも微妙に違う

▲専用フロントエアロバンパー装着により、フロントマスクも微妙に違う

▲モデューロXには専用リアエンブレムと専用デザインマフラーが備わっている

▲モデューロXには専用リアエンブレムと専用デザインマフラーが備わっている

▲室内にも随所にこだわりが見られ、本革巻ステアリングホイールや専用カーボン調インテリアパネルなどが備わる

▲室内にも随所こだわりが見られ、本革巻ステアリングホイールや専用カーボン調インテリアパネルなどが備わる

前回お届けした、自分でカスタマイズ内容を決めたN-ONEも我ながらカッコいいと思ったが、モデューロX版は日頃ユーザーにカスタマイズを推奨しているメーカーのコンプリートカーだけあって気合の入り方が違う。内外装ともに完成度が高い。

また、ノーマルよりも精悍になった見た目とバランスを取るように足回りにも手が入れられ、キビキビとした走りを味わえるようになっている。具体的にはフロントにバンパービームを追加して剛性を高め、専用のスプリングとダンパーを装着することで、引き締まった乗り味となっている。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。