ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

Polar M600の屋外での視認性をチェック

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

Polar 初の Android Wear スマートウォッチ「M600」の画面が屋外でも見やすいのかどうかを実機でチェックしてみました。Polar M600 を購入しようと考えている方の多くは、おそらく、M600 をランニングやサイクリングなどのトレーニング用にと考えていると思います。私もそうです。しかし、屋外で利用するとなると液晶画面の見やすさが気になるところです。M600 のディスプレイはタッチパネル付きの透過型 TFT 液晶 + ゴリラガラス 3 という構成です。ライトセンサーが内蔵されているので、輝度の自動調節にも対応しています。テスト時のコンディションは曇り空だったので、M600 に直射日光は当たっていません(別途テストが必要です)。1 枚目の写真はウォッチフェイスを表示したところ。時刻は鮮明に確認できます。また、2 枚目の写真は GPS トラッキングを実行中に撮影したもので、心拍すや運動時間など、画面に表示されているデータはパッと見でも確認できるほどの視認性でした。今回のテストだと、屋外での視認性は特に問題ないようでした。

■関連記事
「HTC One X10」は2017年1月に発表か? Helio P10を搭載するとの噂
Android版「LINE Blog」がv1.1.0にアップデート、リブログ機能とコメント返信機能が追加
スクエニ、Android版「ファイナルファンタジー IX」をAmazonアプリストアにリリース、今なら20%安い価格で購入可能

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。